2007年07月25日

国連、台湾の加盟申請を門前払いに

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 国連、台湾の加盟申請を門前払いに


 <解説>
 国連事務局は、台湾の陳水扁総統が潘基文事務総長に宛てて
 提出した「台湾」名義での国連加盟の申請書を受理せず、返
 却したことを明らかにした。

 台湾は、1993年から14年連続し、「中華民国」名義で
 申請を行ってきたが、国連総会で正式議題として取り上げら
 れることなく、毎年、門前払いの形となっている。
 
 「台湾」名義での申請は初めて。陳総統には台湾の存在を国
 際社会に示し、有権者に独立の意識を促す意味があると見ら
 れている。



 ■今日のキーワード■  台湾の国際的地位
 ⇒ 国共内戦を経て、1949年に毛沢東が中華人民共和国
 の成立を宣言すると、中国には「唯一の正統な政府」を主張
 する2つの政府(中華民国と中華人民共和国)が存在する事
 態となった。

 そのため、世界各国はどちらの政府を承認するかの選択を迫
 られることとなっていった。

 60年代後半になると、ソ連と中国の対立から、アメリカと
 中国が急接近する様になり、1971年、国連は中華民国に
 代わって、中華人民共和国政府を国連の正統な代表権を有す
 ることを決議した。

 以降、追随して、多くの国が中華人民共和国政府を中国の
 代表と認める立場を取り、現在、台湾と正式に国交のある
 国は24ヶ国にとどまる。


 <カテゴリー:台湾・中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題

 (問)インドでは、執政の実質的な責任者は首相だが
    現首相を務めるのは誰?
 (答)マンモハン・シン首相

   *昨年12月に来日し、安倍首相との会談が実現しま
    したが、日本とインドは1952年の国交樹立以来、
    両国首脳の相互訪問は14回にすぎません。


 
 :今日の問題 ←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)台湾が国際参加する際の呼称として使われる
    「R.O.C.」とは何の略でしょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − 夏の風物詩 −
 「ラムネ」

 ラムネのビー玉入りビンは、1852年にイギリスで発明さ
 れたものですが、日本では1892年になって、ようやく大
 阪のガラス職人によって、国内で大量生産する技術が作られ
 ました。

 ところが、同じ年、皮肉にも、アメリカで王冠による密封法
 が考案され、その後の主流となっていったために、ビー玉に
 よる密封法が浸透することはありませんでした。

 現在では、主に日本とインドの2国で、サイダーのビンの密
 封に使用されているだけとなっています。



 ■フロム・ザ・ワールド■ 高齢化の実態
 総務省は、日本の65歳以上の人口に占める比率(高齢化率)
 が20.1%に達し、世界の人口3000万人以上の37ヶ
 国の中で、最も高かったことを発表しました。

 5年前に行われた前回の調査では、イタリアに次いで2位で
 あったことから、急速に高齢化が進んでいることが実証され
 た形となりました。
 
 他にはイタリアの19.7%をはじめ、西欧の国が高い値を
 示しており、ドイツ18.8%、スペイン16.8%と続い
 ています。

 反対に、高齢化率の値が低いのはアフリカで、コンゴ民主共
 和国では2.6%、ケニアでは2.7%となっています。

 世界全体の高齢化率の平均が7.3%ですので、いかに日本
 の値が高くなっているかがわかりますね。



 ■視点■ 



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:59| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

中国の6月貿易黒字、過去最高

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国の6月貿易黒字、過去最高


 <解説>
 中国税関総署の通関統計の発表で、中国は6月の貿易黒字が
 269.1億ドルとなり単月で過去最高を記録したことが、
 明らかになった。

 また、1月〜6月の上半期では1125億ドルとなり、前年
 と比べて83.1%の増加となった。

 機械・電器製品が27.1%増で、繊維が21.7%、靴が
 17.2%と高い伸びを示している。

 通年でも過去最高だった前年を上回るのは必至で、人民元の
 切り上げ圧力が強まると思われる。

 先進国から批判の強かった輸出還付税を2831品目に渡って
 撤廃または減額するなど、批判をかわす手立てに躍起となって
 いる。



 ■今日のキーワード■  中国貿易黒字
 ⇒世界貿易機関(WTO)の報告では、中国の貿易総額は
 2007年中にドイツを抜いてアメリカに次ぐ第2位に踊
 り出て、ドイツに次ぐ第2位の貿易黒字国になるとしている。

 中国の税務総署によれば、昨年は輸出が27%増となってい
 て高い伸び率が目立っている。

 対米貿易黒字は6%増の2137億ドルとなり、日本にとって
 も最大の貿易赤字国である。
 外貨準備高も世界一となったが、今後人民元の切り上げがあった
 としても、投機的なマネーの流入は止まりそうにない。

 過剰貯蓄による国内消費不足で、生産物は益々輸出に廻される
 ことになる。

 脆弱な金融制度の整備が今後の大きな課題となっていくと思われる。 



 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題

 (問)現在のアメリカ大統領は何代目でしょうか?

 (答)第43代大統領
    現在の「ジョージ・ウォーカー・ブッシュ」は
    アメリカ史上2度目の親子2代大統領です

   
   
 :今日の問題  ←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)ディズニーやドラえもんに酷似したキャラクター
    の使用で問題になった中国の遊園地は?



 ■This and That■   
 毎週金曜日は、今週起きた国内外のニュースや季節の話題に
 関連して、私、ケンが、あれやこれやと感ずるままに書き
 綴ってみたいと考えています。



 「世界企業番付」


 米経済誌のフォーチュンが、2006年の売上高世界
 企業番付を発表しました。

 1位は、当メルマガでも取り上げたことのあるウォル
 マートが昨年の2位から復活しました。

 ウォルマートの売り上げは、約42兆円と途方もない
 金額で、従業員数は、軽く100万人を超えています。

 トヨタ自動車は昨年から2ランクアップの6位となり
 5位のゼネラルモーターズと26億ドルの差にまで
 追い上げています。

 ベスト10には、2位のエクソンモービルをはじめ
 6社が石油大手が占めています。

 500社以内には、日本企業は67社が入っていて
 アメリカの167社に次いで2位と健闘しています。

 さて来年、トヨタは5位に順位を上げているのか
 楽しみです。



 ■視点■ 
 中国の発展による、資源の大量消費は、日本でも
 相次ぐ商品の値上げとなって、私達の生活に影響を
 及ぼしはじめています。

 映画は封切翌日には、コピーDVDが出回るなど大変
 ひどい状況ですね。

 北京オリンピックが終わるまでは、今の状況は続くの
 でしょうか。

 では、楽しい週末をお送りください。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:41| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

香港、返還10周年

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 香港、返還10周年


 <解説>
 香港は7月1日、中国への主権返還から10周年を迎え、中国の
 胡錦濤国家主席らが出席して記念式典が開かれた。

 胡主席は演説で、社会主義国の中で資本主義を認める香港の統治
 システム「1国2制度」の成功を強調し、返還後も繁栄が続いて
 いると自信を表す一方で、「1国は2制度の前提であり、1国
 なくして2制度はない」と述べ、普通選挙の導入等、香港で高ま
 りを見せつつある民主化要求への動きをけん制した。

 香港中心部では、民主派団体が主催するデモが繰り広げられ、
 市民約6万8000人が参加した。



 ■今日のキーワード■  香港
 ⇒ 清とイギリスとの間で起きたアヘン戦争の講和条約である
 南京条約によって、1842年、香港はイギリスに割譲される
 こととなった。

 その後、第2次世界大戦中に日本軍が占領したが、日本の敗戦
 により、香港は再びイギリスの植民地となる。

 約40年の時を経て、イギリスのサッチャー首相と中国のトウ
 小平氏との間で、香港の返還が合意に至り、1997年の7月
 1日、香港は中国へと返還された。

 返還に際して、中国は「香港の資本主義体制を50年間変更
 しない」ことを確約する1国2制度を堅持し、外交と軍事を
 除いては、香港に高度な自治権を与えた。

 しかし、香港のトップにあたる行政長官は、有権者による直接
 選挙ではなく、親中派が大半を占める商工界らの代表からなる
 選挙委員会から選ばれることになっており、中国寄りの候補者が
 無投票で選ばれていた。

 普通選挙の実現に向けて、香港住民による民主化の要求は年々
 高まりを見せており、中国政府は警戒を示している。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)フジモリ大統領が在任中だった1996年12月、天皇
    誕生日の祝賀レセプションをテロリストが襲撃し、多くの
    日本人の人質をとって立てこもった事件を、一般に
    何と呼んでいるでしょうか?
 (答)ペルー日本大使公邸人質事件

   *ペルーの左翼武装組織(MRTA)が、天皇誕生日の
    祝賀レセプションを開いていた日本大使公邸を襲撃し、
    日本人ら約600人を人質にたてこもった事件。
    特殊部隊が突入し、事件発生から127日後に、ようや
    く解決した。

    
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)香港特別行政区のトップである、現在の行政長官は
    誰でしょうか?
      ア・曽蔭権
      イ・董建華
      ウ・陳水扁


 
 ■世界のトリビア■  
 もし、この世に、この4つのものが存在していなかったら、
 歴史は変わっていたに違いありません。

 それは、「文房四宝」と呼ばれる「筆」「墨」「硯」「紙」の
 ことです。 これらは、紀元前13世紀もの前から、当時の
 出来事をつぶさに綴り、そして次の世代へと伝えてきたのです。

 今週は、紀元前13世紀前から存在したと言われる「文房四宝」
 にまつわるトリビアを。


 「筆」

 筆の原毛となるのは獣毛です。よく使われるのはイタチの毛で、
 イタチは「鼬」と書きます。

 性質は剛毛、しかし剛毛の中では中ぐらいの堅さといえます。
 小動物なので、筆先が3センチぐらいの小筆に使用されます。



 ■視点■ 
 大過なく、返還後の10年が過ぎたという印象があります。

 それは、中国の予測をはるかに上回る経済発展が、香港との
 格差を感じさせにくいまでのレベルにあったからと言えるの
 ではないでしょうか?

 返還前の「香港が中国にのみこまれるのでは?」という懸念は
 逆に、経済の発展に伴う「中国の香港化」によって、かき消
 されたと言えますね。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 23:32| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

李登輝前総統が来日、靖国参拝を要望

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 李登輝前総統が来日、靖国参拝を要望


 <解説>
 台湾の李登輝前総統(84)が、約2年半ぶりに来日した。

 李氏は、01年4月に心臓病の治療のため、総統退任後の
 初来日を果たし、その後、04年12月には、家族とともに
 観光で訪れており、今回が3度目。

 「奥の細道」ゆかりの地・東北地方を巡る観光が中心だが、
 初めての東京訪問や講演も予定されている。

 李氏の兄が1945年、旧日本軍人として、フィリピンで戦死
 し、靖国神社に祀られていることから、同氏は靖国神社を参拝
 したい意向を示している。
 


 ■今日のキーワード■ 李登輝・前台湾総統(84)
 ⇒ 1923年台北の生まれ。84年に副総統となり、蒋経国
 総統の死亡により、台湾人(国民党が南京から来る以前から、
 台湾に住んでいた人達という意味)で、初めての総統となった。

 台湾の改革・民主化を推進し、国民から絶大な人気を誇った。
 96年には、総統の国民直接選挙を実現させた。99年、中国
 と台湾の関係を「特殊な国と国の関係」と表現したことから、
 中国政府は李登輝を「独立推進派」と非難し、警戒をしている。

 訪日が計画される度に、日本政府は中国からの圧力を受け、
 李氏へのビザ発給に苦慮してきたが、2005年9月より、
 台湾からの観光客はビザが免除となったため、李氏はビザ無し
 で入国できる様になった。

 前回の訪日では、「政治的な活動」と受け取られかねない
 講演などは控えた李氏だが、今回はビザ無しで個人の権利と
 しての来日だけに、これまでとは違った行動をとる可能性が
 ある。


 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)ミス・ユニバースの優勝者を多く輩出(世界2位)して
    いるプエルトリコとは、どこにあるでしょうか?
       ア・インド洋上、モルディブの近く
       イ・南太平洋上、フィジーの近く
       ウ・カリブ海上、ジャマイカの近く
 (答)カリブ海上、ジャマイカの近く

   *プエルトリコは独立した国家ではありません。
    カリブ海に浮かぶ島で、米領です。
    プエル・トリコと分けて、読んでしまいがちですが、
    実際には、Puerto Rico(プエルト・リコ)
    です。
 
   
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)李登輝氏は、台湾の高校を卒業後、日本の大学に進学し、
    そこで農業を学んでいます。その大学滞在時に、学徒
    動員によって徴兵され、日本兵として終戦を迎えました。
    さて、どの大学で学んでいたでしょうか?
        ア・京都大学
        イ・名古屋大学
        ウ・東京大学


 
 ■世界のトリビア■  − たばこ −
 <ゴールデンバット>

 現在販売されているタバコの中で、日本最古の銘柄「ゴール
 デンバット」は、発売から100年を超える超ロングセラー
 商品です。

 発売時は10本入りで4銭。現在は20本入りで140円と
 最も安価な銘柄でもあります。これは等級の低い葉を用いる
 ため、課税額が低いからなのです。

 この「ゴールデンバット」、実は、国内で発売される前年
 (1905年)に輸出用のたばことして、中国方面に売り出さ
 れていたものです。

 箱には2匹のコウモリが描かれていますが、中国では、
 コウモリは幸福を招く象徴とされているのです。

 

 ■フロム・ザ・ワールド■  海外旅行中のアルバイト
 昨年、日本国内で偽ブランドを路上販売し逮捕された外国人の
 約7割がイスラエル人であることが明らかになりました。

 イスラエルでは国民皆兵制度があるため、18歳で徴兵された
 男女が、それぞれ3年と2年の兵役を終えると、疲れを癒す
 ためか、長期の海外旅行へ出るのが流行しています。

 そして、イスラエルの若者向けに路上販売を勧誘するヘブライ
 語のホームページも、また数多くの若者に閲覧されている様
 です。 そこには、米国、カナダ、オーストラリア、日本など
 への勧誘が掲載されており、「住宅、携帯電話、車を提供しま
 す」とまで書かれた募集もあるとか。

 彼らは、観光ビザで日本に入り、偽ブランド販売の元締に
 対して、時計が売れれば値段の8割、アクセサリーが売れれば
 値段の6割を納めることで、日本各地の路上で販売していると
 言います。



 ■視点■ 
 李登輝前総統の来日が計画される度に、日本政府はビザを
 発給するかどうかの対応に苦慮していましたが、奇しくも、
 一昨年より、台湾からの観光目的での訪日にはビザが不要に
 なったことで、この問題には決着が付いたかに見えました。

 個人としての権利で、堂々と来日した李氏は高齢でもあること
 から、自分の考えを日本国民に伝えることや靖国神社への
 参拝など、自らの思いを遂げたいという気持ちは強いと思わ
 れます。中国がこの問題を声高に取り上げて、反発しないこと
 を望みます。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:59| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

米中、経済問題をめぐる攻防

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
米中、経済問題をめぐる攻防


 <解説>
 経済問題を包括的に話し合う米中戦略経済対話が22,23の
 両日、ワシントンで開かれるのを受け、ここ数日、両国間の
 収支不均衡をめぐる動きが活発化している。

 先週18日、中国人民銀行は人民元の対米ドルの変動幅を、
 これまでの基準値の上下0.3%から0.5%に拡大すること
 を発表し、昨日から実施された。

 これを受けた市場は敏感に反応し、元は切り上げ後の最高値
 1米ドル=7.6615間まで上昇。

 また、中国政府による30億ドルに及ぶ米ファンドへの大型
 投資も発表された。



 ■今日のキーワード■ 米中戦略経済対話
 ⇒ 米中戦略経済対話は、両国間の貿易不均衡や人民元問題
 などを包括的に話し合うもので、第1回めの会談は昨年12月、
 北京で開かれた。

 人民元改革が遅々として進まない現状に苛立ちを覚える米議員
 が多く、米世論は早期の人民元大幅切り上げを後押ししたが、
 会談では具体的な成果は得られず、お互いの現状改善に努力
 することを確認するに終わった。

 今回は、その2回目の会談となるが、中国は目に見える形での
 改善を迫られており、ここ数日間の動きは、米政府の対中批判
 を和らげる狙いがあると見られている。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)さて、日本国内で原油の生産は行われているでしょうか?
    それとも、全く行われていないでしょうか?
 (答)行われている

   *「日本書紀」の中にも、668年に越国(現在の新潟県
    あたり)から燃える土と燃える水が天皇に献上された
    ことが記されています。 現在でも、北海道の勇払油田
    などで原油の生産が行われていますが、1年の生産量は
    アメリカの1日の生産量とほぼ同じ量しかありません。
 
   
   
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)固定相場制の1種で、為替市場に介入することによって、
    自国の通貨を特定の通貨(米ドルの場合が多い)に対して
    一定の変動幅内に維持する仕組みを、何と呼んでいるで
    しょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − 世界5大ミュージアム −
 「ルーブル美術館」

 美術館自体が、世界遺産の「パリのセーヌ河岸」の中に包括
 登録されており、完成には3世紀以上が費やされたと言われ
 ています。

 年間の入館者数は570万人を超え、世界一を誇ります。

 

 ■フロム・ザ・ワールド■   食費の割合
 今日と明日はお金に関する話題を。

 さて、皆さんは、日本の食料費が世界各国と比較して高いと
 思われますか? それとも安いと思われますか?

 支出に占める「食費」の割合で、日本は先進国の中でもっとも
 高い部類に入ります。支出の約15%が食費に使われていま
 す。

 15%という数字は、イタリア、フランス、香港など、一般に
 食文化が発達していると考えられる国々の値(13〜14%程
 度)よりも、少し高い数値と言えます。

 大自然を持つオーストラリア、カナダで10%前後。意外な
 ところでは、イギリスが10%を少し切っています。

 さて、アメリカはどうでしょうか? 支出に占める「食費」の
 割合は約7.2%と、先進国中では断トツに低い数字(日本の
 半分以下ですね)を示しています。主要な食品の価格が安い
 ことが影響しています。

 さて、明日は「被服費」。世界で最もファッションにお金を
 かける国は、どこでしょうか?



 ■視点■ 
 さまざまな見地から、中国の現在の経済状況はバブル状態に
 あると言えそうです。私の知り合いの中国の方も、上海市場で
 株式を買っておられますが、この半年で倍近くに膨れ上がり、
 毎日、新たな投資先を探されている状況です。

 このバブルは「北京五輪までは大丈夫」だろうというのが、
 大方の見方ですが、最近は、「いつ、はじけてもおかしくない」
 という声が増えてきました。

 中国政府は、絶妙の舵取りを以って軟着陸へと導くことができ
 るのでしょうか? それとも、「その日」はいつかやって来る
 ことになるのでしょうか?(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:05| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

中国、大規模油田発見

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国、大規模油田発見


 <解説>
 中国北部の渤海湾に面した河北省唐山市の近海で、推定埋蔵量
 約75億バレルの大規模な油田が発見された模様。

 今後5年間に約6000億円を投入して開発される計画で、
 中国の年間消費量の約3倍分の生産が可能な最大級の油田に
 なる可能性が出てきた。

 中国は06年の年間石油消費量3.24億トンの内、44%を
 海外からの輸入に依存しており、温家宝首相は「わが国40
 数年来の発見であり、知らせを聞いた夜は興奮して眠れなか
 った」と述べている。



 ■今日のキーワード■ 中国の原油生産と消費
 ⇒ 中国の原油生産量は世界第6位を誇り、1日に約360万
 バレル(1バレルは約160リットル)を生産している。
 これは世界第1位・サウジアラビアの約3分の1の生産量に
 匹敵する。

 一方、原油の埋蔵量は世界第12位で、現在の生産量から考え
 ると、可採年数は14年程度と見られている。そのため、中国
 でもエネルギーの確保は重要な課題となっている。

 また、1次エネルギーの消費量はアメリカに次いで、世界第
 2位であるが、これは日本の1次エネルギー消費量の約3倍に
 あたる。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)世界銀行総裁は歴代10人がなっていますが、その内
    米国出身者は何人でしょうか?
 (答)10人

   *世界銀行の総裁は米国から、国際通貨基金(IMF)の
    専務理事は欧州からというのが、暗黙のルールとなって
    います。
    
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)さて、日本国内で原油の生産は行われているでしょうか?
    それとも、全く行われていないでしょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − 世界5大ミュージアム −
 「大英博物館」

 ロンドンにある大英博物館は、世界最大の博物館で約700万
 点が収蔵されています。

 収蔵品には、大英帝国時代に植民地から持ち込まれたものも
 多く、ギリシアのパルテノン宮殿の彫刻やエジプトのロゼッタ
 ストーンなど、それぞれの政府から返還を求められているもの
 も多くあります。

 ちなみに、ツタンカーメンなど古代エジプト王の墓を作った人
 たちの出席簿も保存されており、名前と出席した日付、そして
 欠席日には、それぞれ欠席理由が記されています。

 それによると、ある人は病気、ある人は誕生日だから、そして
 ある人は二日酔い、サソリに刺されて痺れている、兄をミイラ
 にするためなどの理由で休んでいたことがわかっています。 



 ■クーリエ・ジャポン最新号から■   
 今週は「COURRiER Japon」誌から、注目記事を
 とりあげました。


 「30年後の世界」

 30年前には、パソコンも携帯電話もなかったことを考えてみ
 ると、30年で世の中は大きく変わることがわかります。

 さて、イギリス国防省が、イギリスが今後30年で直面しうる
 危機を研究したレポートを発表しました。これは単なる予測で
 はなく、確率論に基づくものといいます。 

 さて、その中身とは

 :電磁波爆弾が開発され、ビジネスの中心都市など特定地域の
  全情報システムを壊すことが可能となる
 :建物を破壊せずに、生命体だけを殺傷する中性子爆弾の
  開発がすすむ
 :人類は、脳の中に「情報チップ」を埋め込んで生活する
  ようになる
 :経済成長を受けて、とみに物質主義的となった中国が
  新たなイスラム過激派の攻撃対象となる
 :経済成長と人口の増加で、イランの国力が成長。エネルギー
  資源を活かし、国際政治で強い影響力を発揮する
 :北極の氷が融けて、北大西洋の塩分濃度が低下し、西ヨーロ
  ッパに温暖な気候をもたらしている海流(暖流)に影響が
  及んで、西ヨーロッパには17〜18世紀のミニ氷河期を
  しのぐ寒冷期が訪れる


 「クーリエ・ジャポン」 
 → http://moura.jp/scoop-e/courrier/

 

 ■視点■ 
 折りしも、日本ではtotoくじの当選金額が大きな話題と
 なっていましたが、今回の中国での大規模油田発見の様な
 国家レベルでの喜びとなるニュースが待望されますね(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:46| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

中国・温首相が来日

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国・温首相が来日


 <解説>
 中国の温家宝首相が来日した。中国首脳の来日は00年10月
 の朱鎔基首相以来、6年半ぶり。

 安倍首相は、温首相と首相官邸で約1時間40分会談し、
 昨年10月の日中首脳会談で合意した「戦略的互恵関係」を
 具体化させることで一致。

 首脳同士の相互訪問維持や閣僚級のハイレベル経済対話の
開始、北朝鮮の非核化に向けた連携強化などで合意した。

 また、懸案の東シナ海のガス田問題では、秋までに「共同開発」
 に関する具体策の策定を目指すこととなった。


 
 ■今日のキーワード■ 温家宝・中国首相(64)
 ⇒ 正式には中華人民共和国国務院の総理のことで、第6代
 にあたる温首相は、党内きっての実務派として知られている。

 1942年、天津の郊外生まれ。大学を卒業後は地質関係の
 技術者となり、甘粛省で地質工作に従事。省の地質に関する
 要職を歴任した。

 政界入り後は、胡耀邦、趙紫陽、江沢民の三人の下で働き、
 98年、副総理に就任。2003年に総理に就いた。

 天安門事件で、学生側に理解を示したことで失脚した趙紫陽
 元総書記の側近だったともいわれており、今のところは、
 江沢民路線を引き継ぐ形で強硬な側面を見せているが、実は、
 現実主義的で、共産党や政府の民主化を進めようとしている
 とも言われている。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)日中間で、両政府の政治的な関係は冷え込んでいるが、
    経済的な関係は活発であることを表した表現を
    「政○経○」と言います。
 (答)政冷経熱

   *胡錦涛国家主席が、中国を訪れた河野洋平衆院議長
    (当時)に対して、小泉首相(当時)の靖国参拝を
    批判して言った言葉が、一般に知られるようになり
    広まっていきました。

    
   
 :今日の問題(難易度5)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)温首相が長年の間、勤めていた甘粛省の省都は
    どこでしょうか?
       ア・西安
       イ・成都
       ウ・蘭州


 
 ■5分で読める世界の名作■  − 十五少年漂流記 −
 <第4話>

 探検から船に戻ると、皆に報告し、洞穴へ移り住むことに
 した。スルギ号を壊して、イカダを作り、荷物を運んだ。

 洞穴生活では、家畜を育て、小鳥やうさぎを捕まえ、魚を
 釣り、自給自足の生活を続けた。

 相変わらず、ブリアンとドニファンの仲は悪く、ついに
 ドニファンはクロックス、ウェッブ、ウィルコックスを引き
 連れて、洞穴を出て行くことになった。

 ある嵐が明けた朝、犬のファンが吠えて走っていくあとを
 追いかけると、女の人が死んだように倒れていた。

 ブランディを飲ませると、なんとか意識を取り戻し、洞穴
 へ連れていった。

 話を聞くと、彼女はアメリカ人でキャサリン・レディと
 名乗り、船に乗っていたが、火事が起こりボートで逃げ、
 嵐でこの島へ打ち上げられたのだった。

 船では、ウォルストンという水夫が仲間と謀反を起こし、
 船長らを殺してしまったというのだ。この島には悪党達が、
 流れ着いているのだ。

 ブリアンはドニファン達のことを案じた。もし、猟などで
 銃を撃てば、たちまち悪党達に居場所がバレてしまう。

 ブリアンは、ドニファンを探しに行くことにした。



 ■フロム・ザ・ワールド■   心、温まる交通規制
 越冬を終えて集団で移動するチョウを保護するため、台湾では
 飛来ルートにあたる高速道路の通行を一部規制することを決め
 ました。

 「渡り蝶」として知られる、このチョウは、台湾に生息し、
 毎年、越冬先の南部から北部へ帰る途中で、高速道路を横断
 します。

 1分間に約1万匹、1日で約100万匹が観察された例が
 あり、車にぶつかって死ぬチョウが少なくないことから、
 珍しい「チョウを守るため」の交通規制となりました。



 ■視点■ 
 あいにくの雨となりましたが、雨中の歓迎式典の後、スーツを
 濡らしたままで、会談に臨んだ両首脳の姿が印象的でした。

 「派手さ」や「演出」を好まない、両者の実直な性格が
 よく表れた、初日だったと思います。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:03| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

羽田―上海間の国際チャーター便が実現へ 

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 羽田―上海間の国際チャーター便が実現へ 


 <解説>
 中国の温家宝首相が日本を公式訪問し、安倍首相との首脳会談
 に臨む。中国首脳の来日は7年ぶり。

 現在、日中両政府は会談後に出される共同文書「日中共同プレス
 発表」の調整を進めているが、懸案の歴史問題に関しては、
 「歴史を直視し、未来に向かう」との表現にとどまる見通し。

 また、羽田―上海・虹橋空港間の国際チャーター便の実現が
 共同文書に明記される見通しで、両政府は具体的な就航時期や
 便数などの調整を急ぐこととなった。

 実現すれば、東京―上海間の日帰り出張も容易になり、日中の
 経済交流はさらに深まるものと見られている。


 
 ■今日のキーワード■ 日中首脳の相互訪問
 ⇒ 日中首脳の相互訪問は、以下の形で行なわれてきている。

 2006年10月− 首相就任からわずか12日の安倍首相が
           北京を訪問
 2002年秋− 日中国交正常化30周年に合わせて、小泉
         首相の訪中が計画されていたが、靖国問題に
         よって中止に。
 2000年10月− 朱鎔基首相が来日
 1999年7月− 小渕首相が訪中
 1998年11月− 江沢民氏が中国国家主席として初来日


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)日本の航空自衛隊は、現在、隣国クウェートに拠点を
    置きながら、イラクへの物資や人員の輸送任務に
    あたっていますが、約何名の隊員が駐屯している
    でしょうか?
       ア・約200名
       イ・約600名
       ウ・約1200名
 (答)約200名
  
   
 :今日の問題(難易度3)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)日中間で、両政府の政治的な関係は冷え込んでいるが、
    経済的な関係は活発であることを表した表現を
    「政○経○」と言います。

 
 
 ■5分で読める世界の名作■  − 十五少年漂流記 −
 <第3話>

 ドニファン、ブリアンら4人は犬のファンを連れ、4日分の
 食料を持って探検に出発した。

 森の中を歩き続け、1日目の夜は、枯葉がふかぶかと積もった
 茂みの中で眠った。翌朝、自分達の寝た場所が小屋であること
 に気づいた。どこかに人間が住んでいるのだ。

 4人は磁石を使い、再び森の中へと進んだ。そして、ついに
 森の外へと出た。周りは一面の海で、そこは孤島であることも
 わかった。

 近くを通る船に助けを求めるしかなく、それまでは、間もなく
 やってくる冬に備えて、ほら穴を探す必要があった。

 まだ食料も残っていたので、4人は探検を続けた。いくら歩い
 ても、人の気配はなかった。

 3日目、川べりにボートの破片を発見した。すると、その時、
 犬のファンが、吠えながら突然走りだした。

 そこには、草で入り口を覆った洞穴があった。その先の木の
 根元には、白骨が散らばっていた。何年か洞穴で生活し、一人
 で死んでいった様だった。

 洞穴の中には、この島全体を書いた地図があった。4人は、
 その地図を見ながら、無事スルギ号へ戻ることができた。



 ■フロム・ザ・ワールド■   国民性を変えることは可能?
 ラテン系の国民が、時間にルーズなことはよく知られたこと
 ですが、そんな悪評を吹き飛ばそうと、このほど、南米ペルー
 で、「遅刻撲滅キャンペーン」が行われることになりました。

 ペルーの前大統領は、遅刻の常習者で有名で、式典などで、
 3時間以上も参加者を待たせたことがあったといいます。
 こんな状況を憂いた現大統領は「遅刻によって、国民全体で
 年間30億時間をムダにしていることになり、その損失は
 金額に換算して50億ドル(約6000億円)に相当する」
 と言い、時間を守ることの大切さを国民に訴えました。
 
 毎日、正午にはサイレンが鳴らされ、国民に時計を合わせる
 ことを呼びかけたり、キャンペーンソングを作り、標語を
 印刷したペンなどを配って、国民に時間を守る感覚を身に
 つける様、働きかけています。

 現大統領は「遅刻を止めることは、国力を高めることにつな
 がる」と訴えますが、さて、結果の方はいかに?
 数ヶ月後のペルーの変化に注目しましょう。



 ■視点■ 
 98年に江沢民国家主席が来日した際には、歴史問題を持ち
 出し、緊迫した雰囲気になったが、一転して、2000年の
 朱鎔基首相来日の際には、テレビの報道番組に出演するなど、
 打ち解けたムードが漂っていた様に記憶しています。

 今回の温首相の来日は、どんな環境の中で行なわれることに
 なるのでしょうか?  私の住む京都にも、13日に訪れる
 様で、大規模な交通規制が予定されています(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 10:53| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

物権法を採択し、中国・全人代が閉幕

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 物権法を採択し、中国・全人代が閉幕


 <解説>
 北京で開かれていた、中国の国会・全人代(全国人民代表
 大会)が、私有財産の保護を明記した物権法などを採択し、
 閉幕した。

 物権法は私有財産に対して、公有財産と同様に保護する
 ことを規定するもので、中国建国以来の「公有制」から、
 新たな転換を示すものと言える。

 また、法人税法が改正され、これまで国内企業33%、
 外資企業15%だった法人税率が、25%に統一されること
 になった。


 
 ■今日のキーワード■ 中国の物権法   
 ⇒ 私有財産に対しても、公有財産と同等の法的な地位を
 与える内容で、「国家、集団、私人の物的権利は、法律の
 保護を受ける。いかなる組織・個人も、これを侵してはなら
 ない」ことが盛り込まれている。

 近年の急速な経済発展によって、国民の財産に対する権利
 意識が高まってきているが、社会主義の根幹とも言える
 「公有制」の否定にもつながることから、保守派を中心に
 多くの反発が噴出し、2002年度より審議が繰り返し
 行なわれていた。

 また、地方の政府が農民からわずかな補償で、強制的に
 土地を収用するトラブルが続出していることも、物権法が
 制定される要因の1つとなった。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)日本でもサマータイムが実施さていたことがありますが
    何回(何シーズン)で中止になったでしょうか?
        ア・2回
        イ・3回
        ウ・4回
 (答)4回

   *1948年から4回(4年)実施されましたが、当時
    一般のサラリーマンと公務員は1時間ほど、通勤時間が
    ずれていたことがあり、実施によって出勤時間が重なり
    通勤ラッシュが更にひどくなり、中止となりました。

   
   
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)中国の国家主席は胡錦涛氏。それでは、4月中旬に
    来日が予定されている、中国の首相と言えば?



 ■世界の偉人物語■   −アイルトン・セナ篇−
 今週は、ブラジルの英雄、アイルトン・セナの物語を
 お届けします。


 アイルトン・セナ・ダ・シルバ
 1960年3月21日生まれ。サンパウロ市出身。


 <第1話>

 すべてのはじまりは、4歳の時、父親であるミルトン・
 ダ・シルヴァが1台のカートを造って息子に与えたこと
 だった。

 父はブラジル国内でも有数の農場や牧場に、自動車修理
 工場などを経営しており、豊富な資金に恵まれていた。

 セナはサッカーの勉強もしたが、一度乗ったカートが
 彼の心から離れることはなかった。

 そして父の工場の片隅で、毎日エンジンを分解しては
 組み立てて過ごすようになっていた。

 一方の父も、その後よりパワーのあるカートを造り、
 カートレースの日程を調べるようになっていく。


 <タイムブレイク>
 セナの趣味はラジコン飛行機を操縦することで、自分で
 改造して楽しんでいたようです。
 


 ■フロム・ザ・ワールド■   オーストラリアの刺客
 世界水泳の開催中で注目が集まるオーストラリアですが、
 今年行なわれる総選挙に、日本の郵政解散選挙と似た様な
 現象がおこり、話題を呼んでいます。

 11年ぶりに政権奪回をめざす野党・労働党が、オーストラ
 リアで最も有名な元女性テレビキャスターを、総選挙に担ぎ
 出すことを決めました。

 この元キャスター(53)は、国営放送の看板ニュース番組の
 キャスターを務め、記者としても数々の受賞歴を誇ります。

 この大物候補は、当初、労働党にとって、楽勝の選挙区から
 出馬するものと思われていましたが、シドニー北部の
 ハワード現首相の選挙区に、「刺客」として擁立することが
 明らかとなったのです。

 現役の首相の許に送り込まれた、元有名キャスターの刺客は
 どんな選挙戦を見せるのでしょうか?



 ■視点■ 
 今年は5年に1度の共産党の党大会の年にあたりますが、
 その年に開かれる全人代は、時の指導者の考え方が色濃く
 反映されたものになるのが特徴です。

 胡錦涛国家主席は、安定して、調和の取れた社会づくりを
 目指すメッセージを強く発信すると同時に、社会主義の
 看板を下ろし、市場経済主義の現実を認めたとも伺えます。

 今秋の党大会で、胡錦涛総書記が変わることはないと思われ
 ますが、これからの5年間は、市場経済主義の肯定派と
 社会主義への回帰を唱える保守派との争いが表面化すると
 言えるのではないでしょうか?(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:34| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

中国、汚職公務員4万人を超す

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国、汚職公務員4万人を超す


 <解説>
 北京で開会中の全国人民代表大会(中国の国会に相当する)で
 2006年に収賄や横領などの汚職事件で、4万41人が
 立件されたことが報告された。

 1日あたり109人が汚職で立件されている計算となり、
 依然として深刻な腐敗の実態が明らかとなった。

 そのうち、収賄や公金横領の額が100万元(約1500万円)
 を超える大型事件は623件で、また、裁く司法当局者側も
 収賄などで、2987人が立件されている。

 役人に対する民衆の不満が高まっていることから、胡錦涛
 国家主席は「反腐敗闘争」を強化しており、昨年9月には、
 上海のトップ・陳良宇氏が社会保障基金をめぐる汚職事件で
 解任されている。


 
 ■今日のキーワード■ 陳良宇氏の解任
 ⇒ 1946年生まれの60歳。 上海市の要職を歴任し、
 朱鎔基(前中国首相)、黄菊(現副首相)らと、いわゆる
 「上海閥」に名を連ねる。

 2002年に上海市長に就任、そして、黄菊の中央入りに
 よって、市のトップである党委書記となった。 この異例の
 出世は、江沢民(前共産党総書記)による強力な後ろ楯が
 あったと言われている。
 
 一方、中国では、90年代に不動産バブルが起こり、不動産を
 購入・転売するための資金として、公金に群がる者が続出
 した。

 陳良宇は、市の関係部門に指示を下し、身内や親しい企業家ら
 に、社会保険基金から数百億円を拠出した疑いで、昨年9月、
 市トップのポストを解任され、現在は身柄を拘束されている。

 これは、胡錦涛国家主席が対立する「上海閥」を弱体化させる
 ために、陳良宇が格好の標的になったとの見方が強い。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)今回の活動停止の対象となった、北朝鮮の核関連
    施設が集まる地方の名前を何と言うでしょうか?
 (答)寧辺

   *ヨンビョン(またはニョンビョン)と読み、
    平壌から北に約80km離れたところにあります。

    
   
 :今日の問題(難易度5)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)ポスト胡錦涛の呼び声の高い、次期共産党総書記候補
    の筆頭と言われる、現在、遼寧省の党書記と言えば
    誰でしょうか?
    (今日はかなりの難問です)


 
 ■世界のトリビア■   −F1篇− 
 <フラッグ>

 ゴールの時に振られるチェッカーフラッグは誰でも知って
 いると思いますが、他にもいろんな色のフラッグがあります。

 イエローはコース上に危険がある時、「追い越し禁止」と
 なり、グリーンフラッグが振られると「解除」になります。

 ブルーは周回遅れのマシンに、後続に追い越しをさせる
 指示に使われます。3回提示されても譲らない場合、ペナ
 ルティの対象になります。

 ブラックは規則違反や危険走行のマシンに対して振られ、
 ドライバーはすぐにピットに戻らなければなりません。

 ホワイトはコース上にレッカー車やセーフティーカーが
 いることを知らせます。

 オイルフラッグは赤と黄色の縦縞をしています。コース
 上がオイル、砂などで滑りやすい時に振られます。
 急激な雨の時も振られることがあります。 

  

 ■フロム・ザ・ワールド■   ひげそり禁止の理由
 卒業・入学シーズンに加え、春の訪れを受けて、髪型を変える
 方が多いのでしょうか? 昨週末の美容院はどこも大変混んで
 いた様ですね。

 さて、日本では多くの人が自由におしゃれを楽しんでいます
 が、パキスタンのある集落では、理容組合が「男性のひげ剃り
 を禁じ、違反した者には約1万円の罰金を課す」という一風
 変わった通達を出しました。

 と言っても、これには深い事情がありました。

 同集落は、アフガニスタン・旧タリバン政権の武装勢力が
 いまなお活発に活動する地域で、先日、「ひげを剃ることは
 イスラム教に反するので禁ずる」と書かれた武装勢力からの
 脅迫状が、各理髪店に投げ込まれているのが発見されたのです。

 治安上、脅迫を無視することのできなくなった理容組合では、
 加盟店と客の身の安全を守る為、組合全体で「ひげそり禁止」
 の通達を出すことにしたのでした。



 ■視点■ 
 日本でも、光熱水費のかからない議員会館に事務所を置きな
 がら、10人の国会議員が事務所の経費として「光熱水費」を
 計上していました。

 公務員に限らず、民間企業においても、トップや管理職らの
 自らが楽しむためとしか思えない様な、成果も報告すらない
 出張や接待、経費のムダ使い。

 どの世界でも、人や組織を堕落させるのは、「地位や権限に
 甘んじて、慢心する」ことの様ですね。


 さて、毎週水曜夜に楽しみにしていたNHKのテレビ番組
 「ゆるナビ」が、昨日の放送で終わってしまいました。
 週の真ん中の少し疲れた体と気分を癒すことのできる、
 内容のある本当に良い番組だったのですが、とても残念です。

 何かお薦めの良質の番組がありましたら、ぜひ教えて頂けな
 いでしょうか?(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:05| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

陳総統が「台湾独立」を強調

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 陳総統が「台湾独立」を強調


 <解説>
 台湾の陳水扁総統は、独立派団体の会合に出席し、独立や
 新憲法の制定など「4つの必要、1つのノー」という
 新たな政治方針を表明した。

 総統は、1)台湾独立、2)新憲法制定、3)台湾の名称に
 よる国連加盟、4)台湾の発展の4つを必要とし、台湾に
 左右のイデオロギー対立はないという、1つのノーを示した。

 これは、2000年の就任演説で公約に掲げた政治原則
 (5つの「ノー」)から大きく独立に傾く内容で、台湾の
 独立に向けた動きとみて、中国が反発するのは必至である。


 
 ■今日のキーワード■  5つの「ノー」
 ⇒ 陳水扁は、台北市長を1期務め、2期めには落選したが、
 2000年に行なわれた総統選挙に勝利し、半世紀に及んだ
 国民党の支配体制を終わらせた。

 就任演説の中で、陳水扁総統は、中国が武力行使をしない限り
 において、
 1)任期内に台湾の独立を宣言しない
 2)中華民国の国号を台湾に変更しない
 3)統一か独立かの国民投票は行なわない
 4)いわゆる二国論を憲法に明記しない
 5)統一の道筋を示した「国家統一綱領」の廃止を問題としない
 の5つの「ノー」を掲げた。


 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)安倍内閣が提唱するのは「美しい国」、それでは
    胡錦涛国家主席が目指す、調和のとれた社会を
    表したスローガンは「○○社会」。
 (答)和諧社会
       
 
 :今日の問題(難易度5)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)陳水扁の前の総統は李登輝。では「ストロングマン」の
    異名を持った、その前の総統と言えば?


 
 ■世界のトリビア■   −イギリス連邦− 
 <連邦歌>
 イギリス連邦の歌は、「女王陛下万歳」(God Save The Queen)
 ですが、この歌は、時代により、王が男性(King)であるか
 女性(Queen)であるかで、曲名及び歌詞が変わる珍しい国歌
 として知られています。

 歌詞の中で、在位している王が男性の場合は「King」で、
 女性の場合は「Queen」を使い、また、それに合わせて
 「her」と「him」を使い分けます。


 <タイムブレイク>
 アメリカでは同じ旋律に別の歌詞が付けられ、「アメリカ」と
 いう題名で讃歌として歌われています。

 

 ■フロム・ザ・ワールド■  環境対策の裏側で
 バイオ燃料の原料として注目が集まるトウモロコシの需要が、
 米国で高まり、値上がりしたことをうけて、メキシコ庶民の
 主食「トルティージャ」の価格が高騰。庶民の財布を直撃して
 います。

 トルティージャは、トウモロコシの粉を水でこねて、薄く
 伸ばし、鉄板などで焼いた伝統的な食べ物で、日本ではタコス
 に使われることで知られています。

 値上り幅は、最近の3ヶ月で40%にも達し、メキシコ市内で
 は、不満を露にした民衆数万人による政府へのデモ行進にまで
 発展しています。

 環境問題への関心が、思わぬところで、庶民の一般生活を
 脅かす結果となっています。



 ■視点■ 
 今回の陳総統の発言は、来年に控えた総統選挙を意識したもの
 ととれますが、最近の地方選挙では、野党・国民党の勢いが
 優勢な状況だけに、民進党は、国民にわかりやすく、一貫した
 ビジョンを打ち出す必要があると思います。 

 国民党のエース・馬英九氏が横領罪で起訴され、今、民進党は
 チャンスを迎えているのですから。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 10:38| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

中国、全国人民代表大会が開幕

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国、全国人民代表大会が開幕


 <解説>
 中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が北京で
 開幕した。

 冒頭に温家宝首相が行なった今年度の政府活動報告では、
 政治や外交に関する部分は少なく、成長至上主義が生んだ
 貧富格差の拡大や官僚の腐敗等の是正に重点が置かれていた。

 4年連続で2ケタを記録した経済成長率は、目標を8%程度に
 抑えるとともに、省エネと汚染物質の排出目標の達成を
 打ち出すなど、環境問題への配慮をうかがわせた。

 全人代は16日閉幕する。 
 

 
 ■今日のキーワード■  全国人民代表大会
 ⇒ 中国の国会に相当し、憲法改正・国家主席らの選出・国の
 重要政策の決定などの権利を有する「国家の最高権力機関」
 にあたると、憲法では定められている。

 各省や自治区、軍などから、約3000名が選ばれ、毎年
 3月に全体会議が開かれている。 全体会議は、首相が政府の
 活動報告や予算案を発表する場でもある。

 しかし、実際は、委員の多くが中央の共産党指導部と軍の
 将校らで占められているため、共産党が決めた政策の追認が
 多いのが事実である。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度1)

 (問)預言者ムハンマドを通じて伝えられた、唯一神アッラー
    の教えを書いた、イスラム教の聖典のことを
    何と言うでしょうか?
 (答)クルアーン(コーラン)

       
   
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)安倍内閣が提唱するのは「美しい国」、それでは
    胡錦涛国家主席が目指す、調和のとれた社会を
    表したスローガンは「○○社会」。


 
 ■世界のトリビア■   −イギリス連邦− 
 <加盟国>
 英連邦の加盟国は北米、アフリカ、アジア、オセアニアなど
 世界に分布しており、現在53ヶ国となります。

 ヨーロッパはイギリス以外ではマルタ、中南米はガイアナだけ
 が加盟国となっています。

 連邦の総人口は約17億人で、世界人口の約30%を占める
 にもなります。

 過去に脱退した国は、アイルランド、ジンバブエ、ニュー
 ファンドランドの3つで、逆に、加盟を希望している国では
 イエメン、パレスチナ自治政府、ルワンダなどがあります。


 <タイムブレイク>
 現在の英連邦の事務局長はニュージーランドのドナルド・
 マッキノン氏です

 

 ■フロム・ザ・ワールド■  固定観念を変えるには
 韓国の大手自動車メーカー・現代自動車(ヒュンダイ)は、
 日本国内で発売する車について、エンジンや変速機の製造上の
 不具合を、新車から10年、あるいは走行距離10万kmまで
 は無償で修理する、特別保証制度を始めました。

 ヒュンダイは、人気俳優ペ・ヨンジュンさんをCMで起用した
 セダン車「ソナタ」がヒットし、04・05年は順調に販売
 台数を伸ばしましたが、昨年はブームが一段落したのか、
 前年比、約30%ダウンと苦戦が続いています。

 10年前に、米国で同様の制度を導入したところ、販売台数が
 5倍に伸びた経験から、日本でもアフターサービスの大幅向上
 が新車の販売につながると判断しての決定となりました。

 3年が一般的な輸入車メーカーの保証期間ですが、ヒュンダイ
 が行なう10年保証は、日本の消費者の心を動かすことが
 できるかに注目です。

 

 ■視点■ 
中国が「先に富むことのできる者から豊かになれ」の施策が
 生んだ歪みを修正する方向に向かっているのは事実ですが、
 「経済力がもたらすもの」の中身を知ってしまった民衆が
 創り出すパワーが、今日の驚異的な経済発展の源となった
 ことは言うまでもありません。

 中国の経済成長が10%に達すると、世界経済全体を1.5%
 押し上げることになります。 これはIMFが予測する
 2007年の世界経済成長の約3分の1を占める値でも
 あるのです。

 中国政府の動向が、世界の経済に大きな影響を与えることは
 先週の上海株式市場の暴落が世界同時株安を誘発したこと
 でも、証明されましたね。


 さて、2年後には、アメリカを抜いて世界最大の温暖化ガス
 の排出国となる可能性の高い中国は、今やっと、環境問題に
 目を向け始めました。

 今こそ、日本は得意の省エネ技術で、中国経済との結び付き
 を強める、大きなチャンスが来ているのではないでしょうか?
(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:45| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

世界同時株安

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 世界同時株安


 <解説>
 「高過ぎる」との指摘が多く、過熱気味であった中国の
 株式市場が急落。これを受けて、株安の動きは全アジア、欧州、
 ニューヨークへと連鎖した。

 中国株式市場は過去10年で最大の下げ幅(約9%)を記録。
 最近の3ヶ月で4割も上昇した「反動」と見られている。

 また、ニューヨーク株式市場のダウ工業平均株価も、一時は
 500ドル以上も値を下げ、同時多発テロ直後以来の大幅安
 となった。


 
 ■今日のキーワード■ 中国株
 ⇒ 中国の株式は、上海、深セン、香港の3つの市場で
 取引されている。

 その内、上海市場と深セン市場で売買される株式はA株とB株
 に分類され、A株は人民元で取引される中国国内向けで、
 中国人だけが売買に参加できる。

 一方のB株は、米ドルか香港ドルで取引され、外国人にも
 開放されている。

 B株は、A株の取引が対外的に全面開放された時のための
 試験的な市場と考えられており、株式の銘柄数や総額などの
 規模はA株の10分の1程度しかない。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度5)

 (問)世界のGDP、1位はアメリカ、2位は日本、
    それでは、3位〜5位の国をそれぞれ挙げて下さい
 (答)3位−ドイツ、4位−中国、5位−イギリス

   *6位以下はフランス、イタリア、スペイン、カナダと
    続きます。
    
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)東京市場は「日経平均」、ニューヨーク市場は「ダウ
    工業株」、それでは香港市場で使われている株価の
    指数といえば、何でしょうか?


 
 ■世界の偉大企業物語■ Johnson&Johnson社 
 <第4話>

 使い捨てコンタクトレンズの代名詞とも言える「アキュビュー」
 も、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製品です。

 ソフトコンタクトレンズの最大の課題であった「汚れ」の
 問題を解決する「使い捨て」を実現し、かつ経済的負担を感じ
 させない、画期的なものでした。

 それまでの常識を覆す提案に、発売当初、業界は冷ややかな
 反応でしたが、そもそもジョンソン・エンド・ジョンソンは
 得意の医療用品の分野で「使い捨て」には慣れており、コンタ
 クトレンズの「使い捨て」には、全くの違和感もなく、取り
 組めたことが大きかったと言えます。

 眼科医からは、コンタクトレンズのケア方法を守らない患者
 達のトラブルに悩まされていた点で、大変歓迎され、
 ユーザーからは、簡便性が評価されて、空前の大ヒットと
 なりました。

 その後「ワンデーアキュビュー」が発売されると、日本での
 市場シェアは60%を超え、断トツ1位の座を守っています。 

 

 ■フロム・ザ・ワールド■   誇り高き契約
 プロテニスプレイヤーのシャラポアさん(19)が、国連開発計画
 の親善大使に任命されました。

 国連開発計画は、途上国の発展と自立を援助するための国連
 組織の1つで、契約は2年間。 今後は「広告塔」として、
 世界の被災地や貧困地域を訪ねることになります。

 ところが、その活動費用はすべて自前で、報酬はわずか
 1ドルなのです!

 それでも、彼女は記者会見で「この活動に携わることを誇りに
 思う」と述べ、チェルノブイリ原発の事故で影響を受けた
 両親の出身地、ベラルーシから取り組みたいと抱負を
 語りました。

 数多くの大会を制し、今やテニスだけではなく、モデルや
 CM出演もこなす天才が、今度は人道支援のボランティア
 として、途上国の人々に勇気を与えてくれることでしょう。


 
 ■視点■ 
 中国経済の動向が、世界の経済に大きな影響を与えることを
 計らずも、露呈した形となりましたね。

 そして、さらに、中国は人民元の為替レートという大きな
 問題も抱えているのです(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 09:26| ワシントンDC ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

中国船、日本のEEZ内で調査活動

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国船、日本のEEZ内で調査活動


 <解説>
 尖閣諸島・魚釣島(中国名・釣魚島)の西北西30キロの
 日本の排他的経済水域(EEZ)内で、科学的調査とみられる
 活動を行なっている中国の海洋調査船が発見された。  

 海上保安庁の巡視船が、無線等で調査を中止するよう警告
 したが、調査船は応答せず、航行しながら網や筒状の器具を
 海中に投入して調査を続け、約12時間後にEEZの
 外に出た。

 日中間では、東シナ海で調査活動を行なう場合、相互に事前
 通報するという取り決めがあり、外務省は中国政府に強く
 抗議し、活動の中止を申し入れたが、中国側からの回答はない。
 


 ■今日のキーワード■ 尖閣諸島
 ⇒ 尖閣諸島は東シナ海に浮かぶ5つの島と3つの岩礁の
 ことを指す。 1800年代の後半、日本政府は、再三に
 わたって、現地調査を行い、清国(現在の中国)の支配が
 及んでいないことを確認した上で、1895年、日本の領土 
 に編入することを閣議決定した。

 明治政府は、その内の4島を30年間無料で貸与することを
 許可したため、数百人の民間人が島へと移り、桟橋などの
 開拓が進められた。

 1970年代後半になって、東シナ海の大陸棚に豊富な石油
 資源が埋蔵されている可能性があることがわかると、以降、
 中国と台湾が、尖閣諸島の領有権を主張する様になった。

 現在は無人島だが、沖縄県の所轄となり、土地登記上は
 石垣市となっている。


 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)WTOの事務局(本部)は、どこにあるでしょうか?
 (答)スイスのジュネーブ

     
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)日本では、いわゆる「領海侵犯」に対しては、通常、
    海上保安庁が対応しますが、さて、海上保安庁は
    どの省庁の管轄となっているでしょうか?
       ア・国土交通省
       イ・内閣府 
       ウ・防衛省
    

 
 ■世界のトリビア■   −ツバル−
 <歴史と経済>

 ツバルは紀元後1世紀には人が住んでいたとされています。
 当初イギリスの植民地として「ギルバートおよびエリス諸島」
 でありました。

 ポリネシア人の多いエリス諸島は、ミクロネシア人の多い
 ギルバートからから分離し、その後1978年にイギリス
連邦の一員として独立しました。

 現在の人口は約1万人。天然資源に乏しく、漁業と観光が
 主な収入源となっていますが、遠く離れているために、
 観光に訪れる人も多くはありません。

 また、漁業も温暖化の影響による珊瑚礁の白化で、漁獲高は
 減少の一途を辿っています。

 土地は農業に適していないこともあり、タロイモ、ココナッツ
 バナナなどが生産されていますが、自給自足分しかありません。 

 

 ■フロム・ザ・ワールド■   場違い?
 世界遺産に指定されている中国・北京の故宮(紫禁城)内で
 営業する米大手コーヒーチェーンのスターバックスをめぐって、
 「中国の伝統を踏みにじっている」や「中国文化への侵食」
 と撤退を求める声が上がり、賛否両論を呼んでいます。

 この店は、故宮側の要請で6年前から営業しており、周辺との
 調和を考慮して、コーヒーショップとはわかりにくい外観と
 なっています。

 年間160万人を超える外国人観光客でコーヒーを求める人
 も多く、先日、故宮側は「半年以内に撤退するかどうかの
 答えを出す」とのコメントを発表しました。

 文化的な遺産や遺跡は、できる限り、余計な手を加えずに、
 自然に管理・運営してほしいというのが、私の考えですが、
 さて、皆さんはどの様に考えられるでしょうか?



 ■視点■ 
 尖閣諸島と聞けば、「遠い場所」というイメージがありますが、
 あの甲子園を沸かせた八重山商工のある八重山諸島のほぼ
 真北にあり、石垣島からは約150kmのところなのですね。

 私は京都の南部に住んでおりますので、沿海に住まれている
 方々と比較すると、「境界」という感覚が、かなり鈍っている
 様に思います。反省しなければいけません。

 明日2月7日は「北方領土の日」です(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 17:56| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

中国、衛星破壊実験に成功

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国、衛星破壊実験に成功


 <解説>
 中国が宇宙空間上にある人工衛星を、地上から発射した弾道
 ミサイルで破壊する実験に成功した模様。

 四川省の宇宙センターから対衛星兵器を搭載した中距離ミサイル
 を打ち上げ、老朽化した古い気象衛星に高度860キロ付近で
 衝突させ、破壊したと見られている。

 各国は、宇宙の平和利用や安全保障の面から懸念を示したが、
 宇宙空間における中国軍事能力の大幅な向上が示されたと
 言える。


 
 ■今日のキーワード■ 中国の宇宙計画
 ⇒ 中国は、旧ソ連(ロシア)、米国に次いで世界で3番目に
 有人宇宙船の打ち上げに成功した国である。

 2003年、宇宙飛行士1名を乗せた宇宙船「神舟5号」が
 衛星打ち上げロケット「長征」によって打ち上げられ、
 約21時間(地球14周回)の飛行を終えて、無事帰還した。

 また、「嫦娥計画」と呼ばれる月の探査プロジェクトが
 進められており、上海で万博が開かれる2010年に
 月面への着陸が計画されている。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度1)

 (問)中国で2010年に予定されている万博の開催都市は
    どこでしょうか?
 (答)上海
 
  
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)人工衛星はどの位の数が、打ち上げられているでしょうか?
       ア・約50個
       イ・約500個
       ウ・約5000個


 
 ■世界の企業物語■   マクドナルド
 今週は、新コーナー「世界の企業物語」をお届けします。

 <第1話>
 マクドナルドは、兄のマクドナルド・モーリスと弟のリチャード
 の2人が作った小さなドライブインがはじまりだった。

 当時のドライブインは、駐車場に車を止め、そこへサンド
 イッチを持っていくというようなものであったが、車時代の
 到来の波に乗り、店は順調に利益を上げて、成功を収めた。

 ただ、お客は若者ばかりで、ファミリー層が近寄れる雰囲気
 ではなかった。

 そこで、2人はファミリーで立ち寄れるハンバーガーレスト
 ランへの変更を決め、セルフサービス型にし、徹底的に
 サービスのスピードにこだわったファーストフード店として
 発展させることにした。

 新しい店では、メニューを絞り、流れ作業を取り入れて、
 作り置きできるようシステムを考案した。当時の飲食業と
 しては、どれも画期的なアイデアであった。


 <タイムブレイク>
 「ファーストフード」という呼び方が定着していますが、
 正しくは、英語で「早い」という意味の「fast food」、
 (ファストフード)です。 
 中国でも、そのまま「早い食事」という意味で、「快餐」と
 呼びます。



 ■クーリエ・ジャポン最新号から■   
 今週は、創刊1周年を迎えた「COURRiER Japon」
 から、注目の記事をとりあげました。


 「暗闇のレストラン」

 ドイツでユニークなレストランが話題を呼んでいます。
 この店の7人のウェイター、ウェイトレスは、皆、全盲か
 弱視の視聴覚障害者で、ここでは真っ暗闇のなかで食事が
 供されるのです。

 暗闇だと、さまざまな想像力が刺激され、視覚を失うことで、
 逆に味覚、嗅覚、聴覚などの感覚が研ぎ澄まされると言います。

 舌は敏感となり、鼻腔や耳の働きは活発化し、私達の体は
 あらゆる味・香り・音を捉えようとします。

 視覚を失った状態で、口に運んだものは、味が、口の中で
 いっぱいに広がって深みが増し、料理の素材の香りも、
 より感じ取ることができるため、食事中の会話も洗練された
 ものになりそうです。

 オフィスではエアコンが入り、家庭ではこたつかストーブに
 あたって、ボーっと過ごしてしまうことの多い日常ですが、
 時には、意図的に不自由さを作り出し、異なる感覚を実感して
 みることも必要かもしれませんね。 

 まずは、携帯電話を1週間、手放してみましょうか?

 「クーリエ・ジャポン」 
 http://moura.jp/scoop-e/courrier/
 


 ■視点■ 
 宇宙開発の分野でも、中国の驚くべき進歩が伺えます。
 その無限とも思えるパワーを、医療や環境保護の分野に
 もっと注いでくれるといいのですが。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 09:34| ワシントンDC 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

中国内需拡大で貿易黒字削減へ

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国内需拡大で貿易黒字削減へ


 <解説>
 中国商務省の高虎城・事務次官は輸入と内需拡大により
 貿易黒字削減に取り組むと述べた。
 2007年の輸入は前年の20%を上回るとの見通しを
 示した。

 基本的に均衡した状態を目指すが、実現には長い時間が
 かかり、また中国の輸出は今世紀半ばになっても好調さを
 持続するとの見解を示した。

 2006年の貿易黒字は1774億ドルで74%の伸び
 であった。 


 
 ■今日のキーワード■ 中国貿易黒字
 ⇒世界貿易機関(WTO)の報告では、中国の貿易総額は
 2007年中にドイツを抜いてアメリカに次ぐ第2位に踊り
 出て、ドイツに次ぐ第2位の貿易黒字国になるとしている。
 
 中国の税務総署によれば、昨年は輸出が27%増となっていて
 高い伸び率が目立っている。

 対米貿易黒字は6%増の2137億ドルとなり、日本にとっても
 最大の貿易赤字国である。

 外貨準備高も世界一となったが、今後人民元の切り上げがあった
 としても、投機的なマネーの流入は止まりそうにない。
 過剰貯蓄による国内消費不足で、生産物は益々輸出に廻される
 ことになる。
 脆弱な金融制度の整備が今後の大きな課題となっていくと思われる。



 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)1999年、ポルトガルから中国に返還されたマカオ。
    さて、マカオを漢字で書くと?
        ア・澳門
        イ・厦門
        ウ・倫敦
 (答)澳門

   *中国では、マカオのことは澳門(アオメン)と呼びます。
      
   
 :今日の問題(難易度1)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)中国で2010年に予定されている万博の開催都市は
    どこでしょうか?


 
 ■これだけは読んでおきたい!■ 世界の日本人ジョーク集
 今週は、世界各地の日本人や日本に関する秀逸なジョークを
 集めた最新ベストセラー「世界の日本人ジョーク集」(中公
 新書・著−早坂隆)の中から、選りすぐりのジョークを
 紹介しています。

 
 時代の流れ・状況の変化は、本当に早いものですね。


 おかしな世の中になったものだ。 
 世界一のラッパーが白人(エミネム)で、
 世界一のゴルファーが黒人(タイガー・ウッズ)で、
 世界一のバスケットプレーヤーが中国人(姚明)で、
 (海のない)スイスがアメリカズカップ(国際ヨットレース)
 で優勝する。

 政治を見れば、
 日本がアメリカを助け、
 フランスがアメリカを傲慢だと非難し、
 ドイツが戦争に反対する。

 本当におかしな世の中になったものだ。


 ⇒ 次週は、新コーナー「世界の企業物語」。
 第1回めは、マクドナルド社をとりあげます。お楽しみに。    



 ■This and That■   
 毎週金曜日は、今週起きた国内外のニュースや季節の話題に
 関連して、私、ケンが、あれやこれやと感ずるままに書き
 綴ってみたいと考えています。

 *「This and That」とは「あれやこれや」と
 いう様な意味で、talk about this and thatと言えば、
 四方山話、世間話となります。


 今週は、最新のベストセラー本から日本人を題材にした
 ジョークを紹介しましたが、人や国によって、面白いと感じる
 ツボは様々ですので、皆さんはどの様に感じられたでしょうか?

 さて、イギリスのサイト「笑いの工場」では、世界中から
 ジョークを集めて、世界でもっとも面白いジョークとして
 ランク付けしています。

 1位に輝いたジョークは、私にはあまり面白いと感じません
 でしたので割愛し、ここでは、2位のジョークを紹介したいと
 思います。
 
 *1位のジョークはこちら(英文)
 → http://www.laughlab.co.uk/winner.html



 探偵シャーロック・ホームズと助手のワトソンが、キャンプに
 出かけた。満天の星空の下、美味な食事も終わり、2人は
 テントに入り、眠ることにした。

 程なくして、目を覚ましたホームズはワトソンに話しかけた。
 「ワトソン君、空を見上げて、君の推理を聞かせてくれたまえ」

 ワトソン「無数の星が見えます」
 ホームズ「そのことから何が分かるかね?」

 暫く考えて、ワトソンはこう答えた。 「この大宇宙には、
 何百万もの銀河と何十億もの惑星があります。占星術的に
 言えば、土星が獅子座の中に見えます。測時上では、現在の
 時刻は、おおよそ3時15分でしょう。気象学の見地に立てば、
 明日は晴れると言えるでしょう。そして、神学的には、
 神は全能の存在であるが、私達はちっぽけで取るに足らない
 存在でしかありません」
 
 ホームズは暫く黙っていたが、やがて、こう言った。
 「バカ! 僕たちのテントが盗まれたんだ!」
 
 世界でもっとも面白いジョークは、いかがだったでしょうか?
 皆さんも、秀逸なジョークをご存知であれば、教えて下さいね。

 

 ■視点■ 
 中国は自動車販売でもアメリカに次いで2位となり、旅客機の
 受注も順調との記事が出ていました。オリンピックも控え
 益々経済成長が続きますね。
 日本の高度経済成長の時の規模を何倍も大きくした、恐ろしい
 パワーを感じます。
 経済の成長に合わせて、コピーものや海賊版の減少する社会に
 なるといいですね。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 11:36| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

中国、胡主席が来日へ

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 中国、胡主席が来日へ


 <解説>
 中国を訪問中の公明党・太田代表は、北京で胡錦濤国家主席と
 会談し、安倍首相の親書を手渡して、早期の来日を要請した。

 これに対し胡主席は「中日関係は最も重要な二国間関係として
 意識してきた」と述べ、時期の明言を避けながらも「喜んで
 要請を受ける。双方に都合が良い時期に訪日する」と快諾した。

 実現すれば、胡主席は国家主席としては、初の来日となり、
 中国の国家主席の来日は、1998年の江沢民以来、9年ぶり
 となる。



 ■今日のキーワード■ 胡錦濤国家主席
 ⇒ 1942年の江蘇省生まれで、現在64歳。大学では
 水利工程を学んだ、水力発電所の元エンジニアである。

 いわゆるテクノクラート(専門官僚)として頭角を表し、
 42歳の若さで、共産党中央委員会の常任委員になった。

 1989年、独立を求める民族独立運動が激しくなっていた
 チベット自治区の共産党書記に就任。

 ここで胡錦涛は、高揚する独立の動きを弾圧すべしとする
 共産党中央の基本政策に忠実に従い、チベットの独立運動を
 たくみに押さえこんだことで、党中央の信頼を勝ち取った。

 98年、国家副主席となり、2003年に共産党総書記と
 国家主席に就任。05年には軍事委員会主席にもなり、
 党・政府・軍を掌握する中国の最高指導者となった。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)ソ連が崩壊したのが1991年12月。ちょうど15年が
    経過しました。 ソ連崩壊によって誕生した
    独立国家共同体(CIS)に加盟する国の中で、
    トルクメニスタンの他に「〜スタン」と呼ばれる国が
    3つあります。 カザフスタン、タジキスタンと
    あと1つは、どこでしょうか? 
    (〜スタンとは、ペルシャ語で〜の地を表します)
 (答)ウズベキスタン
   
    
   
 :今日の問題(難易度3)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)胡主席が異例のスピード出世をする、きっかけと
    なった「チベット自治区」を漢字で書くと
    (中国側の呼称)、次のどれになるでしょうか? 
       ア・新疆自治区
       イ・内蒙古自治区
       ウ・西蔵自治区



 ■世界のトリビア■  − お正月・干支編 −
 <世界のお正月>

 日本から多くの観光客が訪れるハワイでは、爆竹や花火を
 使って、にぎやかに新年を迎えますが、元日の1日は
 静かに過ごします。

 香港では、旧暦の1月1日が新年になりますが、日本と
 同じように、子供にお年玉をあげることになっています。

 ベトナムでは、お正月にスイカを食べる習慣があります。
 赤い色が縁起がよいとされているからです。

 インドでは、「ディワリ」と呼ばれる秋のお祭りが
 お正月に当たります。準備には、大掃除をして、家中の壁を
 塗り替えたり、新しい服を用意し、お世話になった人や
 近所へ、お歳暮を配ります。

 また、年賀状のような「ディワリカード」というのも
 配ることにもなっています。

 ⇒ 明日は「十二支の由来」



 ■フロム・ザ・ワールド■   今年は良くなる??
 米の世論調査会社が、53ヶ国で実施した調査によると、
 「2007年は06年よりも良くなる」と答えた人の割合が
 もっとも高かったのはベトナムの94%、反対に、もっとも
 悲観的だったのはギリシャで、44%の人が「悪くなる」と
 回答しています。

 ベトナムは経済が好調なことに加え、今年はWTO(世界
 貿易機関)への加盟で、外資参入による経済の活性化に
 大きな期待を抱いている人が多いことが伺えます。

 さて、日本はと言えば、「良くなる」が19%で下から
 2番目の52位。「悪くなる」は14%の37位でした。
 悪くなる理由として、格差社会の拡大を挙げる人が最も
 も多いことも明らかとなっています。

 私は、2007年の日本は、各個人が格差社会への処方を
 少しずつ見出して、上向きになると確信していますが、
 皆さんは、07年の日本をどの様に占いますか?



 ■視点■ 
 新年あけましておめでとうございます。

 年末から年始にかけては、フォード元米大統領の死去、
 フセイン元大統領の死刑執行、ブルガリアとルーマニアの
 EU加盟など、世界各地で大きな動きが相次いで見られました。 

 今年も、関連の話題を交えながら、海外のニュースをタイムリー
 にお届けしたいと考えております。 
 本年も、どうぞよろしくお願い致します。


 靖国参拝を棚上げする交換条件として、夏の参議院選挙前に
 胡錦涛国家主席が来日する可能性は大きいですね。
 安倍首相には、外交を内政の道具に使う様な、姑息な政治は
 してほしくないのですが。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 12:01| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

米中による戦略 経済対話

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
米中による戦略 経済対話


 <解説>
 米国と中国の経済閣僚と中央銀行総裁らが一堂に会し、
 両国間の経済分野の幅広い問題を話し合う、初の米中戦略
 経済対話が、北京で始まった。

 冒頭で、米国のポールソン財務長官が「市場原理を反映した
 為替制度を数年以内に実現すべき」と述べると、市場は
 敏感に反応し、1ドル=7.81元まで、元高にふれた。

 これで、昨年7月の人民元切り上げ後の最高値を更新し、
 切り上げ後の上昇幅は3.71%に達した。



 ■今日のキーワード■ 人民元切り上げ
 ⇒ 通貨を実勢よりも低い価値に維持することによって、
 不当に製品の輸出競争力を付けていると、批判されることの
 多い中国。

 2005年7月、中国人民銀行は人民元のレートを約2%
 引き上げ、さらに、それまでの固定相場制(1米ドル=
 約8.28元に固定)から、変動相場制へと移行させた。

 これまでは米ドルに対してのみ連動させていたが、新制度では
 ユーロや円など11の世界主要通貨による通貨バスケット制
 を取り、前日比0.3%までの範囲しか変動させないという
 管理変動相場制を敷いた。

 実勢の為替レートからは、まだ20〜30%低く維持されて
 いると見方があり、各国からは、まだまだ不十分との声が多い。


 <カテゴリー:中国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)ホロコーストの最大の悲劇と言われ、最も多くの方が
    犠牲となった、ポーランドにあった強制収容所とは
    どこでしょうか?
 (答)アウシュビッツ(第2)強制収容所

  
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)外貨準備高世界一となり、この10年で、一躍、世界
    経済の中心プレーヤーの1人となった中国ですが、
    20年前は日本が安くて質の良い乗用車をどんどん
    アメリカに輸出し、日米間の経済摩擦が表面化して
    いました。 

    そこで、1985年、G5の会合で、円高・ドル安へと
    導く取り決めがされたことを、一般に○○○合意と
    呼んでいます。
     

  
 ■2006年国際/海外10大ニュース■  

 アンケートにお答え頂いた方の、ほぼ全員が挙げたのが
 このニュースでした。


 (第1位 − 10月9日)
 ⇒ 北朝鮮が地下核実験
 
 7月5日に、「テポドン2号」を含むミサイル計7発を
 発射したのに続いて、北朝鮮は10月9日、地下核実験を
 実施した。

 韓国をはじめ、日米両国も地震波を観測。 これまで北朝鮮
 への圧力を強めることに慎重だった中国や韓国も非難を発表。

 ただちに国連安保理は、核技術の移転制止に向けて、北朝鮮
 船舶への貨物検査や、金融・禁輸に関する制裁を決議した。
 


 ■今年の厳選トリビア■   
 今年掲載した「世界のトリビア」の中から、反響の高かった
 ものを選んで、紹介しています。


 「ディズニーランドにある地下トンネルとは?」
 「園内で唯一、お酒の飲める場所」 etc.
   ↓ ↓
 世界のトリビア − ディズニーランド編
 http://ken-herbie.com/trivia50.html


 *次週のトリビアは「世界のクリスマス」です。お楽しみに。


 
 ■フロム・ザ・ワールド■   らくだとロボット
 中東・カタールで開かれているアジア競技大会は、今日で
 最終日を迎えました。日本も合計194個のメダルを獲得し、
 健闘しています。

 さて、この時期、中東の人々は競馬ならぬ、ラクダレースに
 興じることで知られています。

 ラクダに乗る騎手には身軽さが要求されるため、5〜6歳の
 子どもが務めることが多く見られました。

 彼らはパキスタンやスリランカ等、近隣の貧しい国から集め
 られ、成長を遅らせるために、満足な食事を与えないことが
 常態化しており、度々、諸外国からの非難を浴びていました。

 ようやく、今年になって、ユニセフの指摘により、子どもらは
 親元へと返されることとなったのです。

 彼らに代わって、登場したのは「ロボット騎手」。

 約40cm四方の箱形をしたロボット達は、ラクダの上に
 乗せられ、持ち主が無線で操縦するムチが当たると、そこから
 流れる微電流による刺激によって、ラクダ達が走るのです。


 
 ■視点■ 
 主要な経済閣僚らが、こぞって中国入りし、「人民元の
 切り上げを」という、米国の並々ならぬ意欲が伝わってきます。

 米国の経済的関心は、欧州や日本から、完全に中国へと移行
 したと言えますね。

 
 さて、近畿地方は、寒く、雨で鬱陶しい日がもう7日も続いて
 います。 週末は少し回復してくれるといいのですが・・

 気分を変えて、楽しい週末を過ごしましょう!(ケン)


 
 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 09:47| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

台湾、2大市長選挙

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
台湾、2大市長選挙


 <解説>
 08年の次期総統選挙の前哨戦として注目される台北、高雄の
 両市長選が行なわれた。

 台北は野党・国民党のカク氏(54)が、高雄は与党・民進党の
 女性候補・陳氏(56)が初当選を決め、台北市が国民党、高雄市が
 民進党の構図は変わらなかった。

 民進党は総統夫人が公費を流用したとして起訴されるという
 不祥事を抱えての選挙だったが、地盤の高雄市の死守に力を
 注ぎ、ひとまず危機を乗り越えた。



 ■今日のキーワード■  民進党と国民党
 ⇒ 1949年、毛沢東率いる中国共産党との内戦に敗れ、
 台湾に敗走した国民党は、蒋介石父・子、李登輝と受け継ぎ、
 半世紀余りにわたって、一党支配を続けてきた。

 2000年、台湾意識の高揚を背景に、総統選で陳水扁氏が
 勝利し、初めての「政権交代」が実現した。以来、「台湾独立」
 を掲げる民進党・陳水扁総統と中国の間には、常に緊張が
 走っている。

 最近は経済活動の分野で、中国との交流が拡大したことで、
 国民は以前の様に、政治的イデオロギーの対立を意識する
 ことがなくなり、「台湾独立」から「現状肯定=あえて独立を
 求めず、現在の中国との関係を維持する」方向へと、
 意識の変化が見られている。

 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)2006年度のアカデミー賞作品賞のタイトルは何でしょう?
       ア・クラッシュ
       イ・カポーティ
       ウ・ミュンヘン
 (答)クラッシュ

  
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)台北にある、世界一の超高層ビル「台北101」。
    その高さは?
       ア・約300m
       イ・約400m
       ウ・約500m


  
 ■2006年国際/海外10大ニュース■  

 (第5位 − 9月19日)
 ⇒ タイでクーデター発生

 <解説>
 タクシン首相の国連総会出席のためのニューヨーク外遊中を
 狙って、ソンティ陸軍司令官らがクーデターを主導。戦車や
 兵士を動員して、首相府など政府関係施設を制圧した。

 タクシン一族の巨額な株売却問題が取り沙汰されていること
 から、市民らは概してクーデターに肯定的で、プミポン国王も
 正式にクーデター政権を承認した。
 
 その後、元陸軍司令官のスラユット議員(63)が暫定首相に就任、
 一方のタクシン首相はタイに帰国することなく、国外で亡命
 生活を送っている。



 ■今年の厳選トリビア■   
 今年掲載した「世界のトリビア」の中から、反響の高かった
 ものを選んで、紹介しています。

 「割り算の÷は世界共通なのか?」
 「米ドルを$と書くのは、なぜか?」 etc.
   ↓ ↓
 世界のトリビア − 記号・マーク編
 http://ken-herbie.com/trivia33.html


 
 ■クーリエ・ジャポン最新号から■   
 今週は、12月で創刊1周年を迎えた「COURRiER 
 Japon」誌から、注目の記事をとりあげました。


 「命を懸けた愛の逃避行」

 中央アジアの国トルクメニスタンで、前代未聞の法律が施行
 されることになった。「国家結納金法」と呼ばれる、この
 法律は外国人男性がトルクメニスタンの女性と結婚する場合、
 結婚税として、国庫に約500万円を納めるというもの。

 例えば、隣国ウズベキスタンの平均月給が約3000円と
 いう現状を考えた場合、これは途方もない金額なのである。

 ところが、不覚にもウズベキスタン女性との恋に落ちる
 外国人男性は後を絶たず、彼らには厳しい運命が降りかかる。

 125年分の年収にもあたる金額を払うことができない彼らが
 取る手段は、ただ1つ。 その女性をトルクメニスタン
 から「拉致」することだけだ。

 独裁者の圧制に苦しんでいるのは、北朝鮮だけではないのだ。


 「クーリエ・ジャポン」 
 http://moura.jp/scoop-e/courrier/



 ■視点■ 
 僅差で高雄市長選を制し、面目を保った形となった民進党
 ですが、「台湾の独立気運」という追い風を失った上に、
 スキャンダルの連続で、不安定な政局運営が続きそうです。

 イデオロギーの見えなくなった政党の舵取りが難しい点は、
 現在の日本の民主党と相通ずるところがある様に思えますね。
 (ケン)


 
 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:01| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

台湾新幹線、3度めの開業延期

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 台湾新幹線、3度めの開業延期


 <解説>
 日本の新幹線システムを海外で初めて採用した台湾高速鉄道は
 12月7日に予定していた開業式典を延期すると発表した。

 現在、開業に向けての試運転を実施中だが、相次いで脱線事故
 を起こし、依然、安全面で不安視されている。

 延期されるのは3度目となり、開業は早くとも1月になる見込み。

 式典には、小泉前首相ら日本の政財関係者も多数招待されて
 いた。
 


 ■今日のキーワード■   台湾高速鉄道(台湾新幹線)
 ⇒ 台北と台湾南部の高雄間(約345キロ)を最速90分で
 結ぶ高速鉄道のこと。

 日本の企業連合7社が中核となるシステムを受注し、日本の
 新幹線技術が海外で初めて採用されたが、コンサルタント業務
 を欧州が受注した為に、両者の方法や考え方の調整に難航し、
 2005年10月の当初開通予定が大幅に遅れている。

 最高時速は300キロ。車両は12両編成で「のぞみ」を
 ベースに改良されている。

 台湾では、今月9日に台北、高雄の2大市長選が行なわれる
 予定で、政府・与党には、是が非でも7日に開業式典を開き
 たかったという政治的思惑があった。

 ちなみに、台北〜高雄間の運賃は約4500円となる予定。


 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html


 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■  
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)東西冷戦の時代、NATOへの対抗として、旧ソ連を
    盟主に東欧の国々で結成された軍事同盟を
    ○○○○○条約機構と言います
 (答)ワルシャワ条約機構

   *NATO、ワルシャワ条約機構と聞けば、学校での
    歴史・社会の授業が懐かしく思い出されますね。
    
   
 :今日の問題(難易度3)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)台湾と日本の最西端、与那国島との間の距離は、
    どれ位あるでしょうか?
        ア・約10km
        イ・約100km
        ウ・約500km



 ■世界のトリビア■   −犬−
 世界一の小型犬チワワは、アメリカ人がメキシコのチワワ州で
 発見したところから名づけられた。


 ⇒ 次週は、読者の皆さんが選んだ「2006年 国際/海外
 10大ニュース」の6〜10位をお届けします。 

 
 
 ■フロム・ザ・ワールド■   アジア競技大会
 12月に入り、本格的な寒さの到来というところですが、まだ
 暑い(12月上旬の平均気温約25℃)中東のドーハでは、
 今日から15日間にわたり、アジア大会が開催されます。

 1951年にインドの呼びかけで始まったアジア諸国による
 4年に1度の競技大会は、「アジアのオリンピック」と呼ば
 れるまでに発展しました。

 日本からも627名の選手が出場しますが、地域性を反映して
 オリンピックにはないユニークな競技(カバディ、セパタクロー
 ボウリング、チェスなど)が行われるのが特徴です。

 日本選手では、チェスの中川さんが最年長の65歳での参加と
 なりました。ちなみに、チェスにも他の競技同様、ドーピング
 検査が課せられます。


 <お知らせ>
 今年、皆さんが最も印象に残った国際/海外ニュースは?

 2006年も残すところ、あと1ヶ月。(早いものですね)
 ブログ「毎日1分。今朝の新聞 国際・海外面ニュースの
 ポイント」では、来週と再来週、「2006年の海外/国際
 10大ニュース」の特集を企画しております。
 
 皆さんが、今年、印象に残りました海外/国際ニュースを
 教えて下さい。回答頂きました方の中から、抽選で2名の方に
 「iPod nano」をプレゼントさせて頂きます。
 たくさんのご応募をお待ちしております。

 http://ken-herbie.com/cgi-def/admin/C-007/merumaga-cd/visit/form_submit.pl



 ■視点■ 
 驚異的なスピードで、リニアモーターカーの営業を開業させた
 中国。一方、遅々として進まない台湾の新幹線。 

 工期の速さを競うわけではありませんが、台湾も日本的に
 なった?という実感を受けます。

 年々、守りに入り、物事を思い切って進めることができなく
 なった(できても遅い)自分の姿と重なります。

 2007年はアグレッシブに動く1年にしたいですね(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 11:36| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。