2007年07月19日

ブラジル、旅客機が着陸失敗、200人死亡か

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 ブラジル、旅客機が着陸失敗、200人死亡か


 <解説>
 ブラジル・サンパウロ南部のコンゴニャス空港で、国内線T
 AM航空のエアバスA320型機が着陸に失敗し、滑走路を
 外れ、隣接する倉庫に突っ込み、炎上した。

 事故当時は激しい雨が降っており、事故機は濡れた滑走路で
 機体のコントロールを失ったものと見られている。

 乗客・乗員176人に加え、地上で事故に巻き込まれた人を
 含めると犠牲者は200人を超える大惨事となる可能性も出
 てきた。

 

 ■今日のキーワード■  最近1年の主な航空事故
 ⇒ 最近1年の間に発生した主な航空事故。

 :2006年8月 − プルコボ航空(ロシア)
  機材 − ロシア機
  ウクライナ上空で墜落。乗客乗員170名全員が死亡

 :2006年8月 − コムエアー航空(南アフリカ)
  機材 − ボンバルディア社
  ケンタッキー州の空港で滑走路を間違い、離陸しきれずに
  墜落。乗客乗員49名が死亡。

 :2006年9月 − ゴル航空(ブラジル)
  機材 − ボーイング737
  ブラジル上空で小型機と接触し墜落。
  乗客乗員155名全員が死亡。

 :2006年10月 − ADC航空(ナイジェリア)
  機材 − ボーイング737
  ナイジェリアの空港を離陸直後に墜落。
  乗客乗員97名が死亡。

 :2007年5月 − ケニア航空(ケニア)
  機材 − ボーイング737
  アフリカ・カメルーンの空港を離陸直後に行方が不明と
  なった。乗客乗員114名全員が死亡。


 <カテゴリー:中南米>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/southamerica.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題

 (問)IAEAのエルバラダイ事務局長は?
      1、アメリカ人
      2、オーストリア人
      3、エジプト人
 (答)エジプト人

      
   
 :今日の問題  ←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)今年3月、高知空港で旅客機が着陸の際に、前輪が
    出なくなり、胴体着陸を行った事故がありました。
    1年間にプロペラ機だけで44件の事故が国土交通
    省に報告された、カナダの飛行機製造メーカーと言
    えば、どこでしょうか?

  
 
 ■世界のトリビア■  − 夏の風物詩 −
 「うなぎのぼり」
 
 物事が勢いよく昇っていくさまを、「うなぎのぼり」と言い
 ますが、これは非常によくできた例えで、うなぎの稚魚は川
 をのぼり始めると、さまざまな障害を乗り越えて、上へ上へ
 と進んでいきます。 

 中国では、四川省までの約2000キロ、揚子江を遡上し、
 アメリカでは、ミシシッピー川を北上し、さらにナイアガラ
 の滝までのぼった記録があります。



 ■フロム・ザ・ワールド■   航空機もダイエット
 大量の燃料を消費する飛行機にとって、原油価格の高騰は悩
 みのタネとなっています。

 そこで、航空各社は少しでも機体の軽量化を図ろうと、涙ぐ
 ましい努力を行っています。

 例えば、機内食に利用するスプーンとフォークの厚みを0.2
 mm薄くすることによって、1本あたり約2gの減量に成功。
 また、ファーストクラス等で使用される磁器皿を、特殊な軽
 量磁器に変えるなど、こうしたグラム単位の取り組みによっ
 て、1便あたり年間約1千万円、グループ全体で年間約7億
 円分の燃料代の節約を図っています。

 私たちが安く旅ができる陰では、グラム単位の厳しい節約が
 あったのですね。



 ■視点■ 
 事故が起きた空港は、以前よりブラジルの中でも過密な空港
 として知られており、特に雨天時の離着陸の危険性が指摘さ
 れていました。

 いったんは、大型機の発着を禁止する決定が、裁判所から下
 されたものの、異議申し立てが認められて、その決定が無効
 になっていたのです。

 仕事上や、プライベートの生活において、放置された問題や
 押し込められた不満などは、いつか必ず大きな反動となって
 現れます。 十分に注意したいものですね。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:23| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48424281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。