2007年07月12日

米住宅不振、小売業にも影響

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 米住宅不振、小売業にも影響


 <解説>
 アメリカの住宅市場の低迷により、アメリカのホーム・デポ
 やシアーズでは、業績の下方修正を発表した。

 住宅需要の落ち込みにより、リフォーム関連や家電製品の
 販売が振るわない。

 ホームセンター最大手のホーム・デポでは5月に予想を9%
 程度引き下げたばかりだった。

 ホーム・デポのフランク・ブレーク最高経営責任者は、
 住宅市場は来年に向けても、厳しいという見込みも多く
 売り上げ高は1−2%減を予想している。



 ■今日のキーワード■  アメリカの住宅不振
 ⇒アメリカでは5月の住宅の住宅着工件数が、前月から2.1
 %マイナスとなり、前年比では24.2%減るなど軒並み
 悪化している。

 それに伴い米住宅大手KBホームをはじめ、業績が軒並み
 赤字転落となっている。

 販売不振により値下げを余儀なくされ、在庫や用地の償却
 費用がかさみ、また金融機関は住宅ローンの融資基準を
 厳しくしている。

 米住宅市場は改善の兆しが見えない状況となっている。 



 <カテゴリー:アメリカ>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/america.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題

 (問)イスラム教国家であるパキスタンは、世界第6位に
    あたる、約1億6000万人の人口を持つ大国です
    が、それ以上の世界最大のイスラム教徒を抱える東
    南アジアの国と言えば、どこでしょうか?
 (答)インドネシア

   
   
 :今日の問題  ←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)現在のアメリカ大統領は何代目でしょうか?



 ■フロム・ザ・ワールド■   世界の性意識調査
 世界のコンドーム市場で29%のシェアを占めるリーディング
 ブランド「デュレックス」社は、毎年、世界の40近い国
 と地域で、約30万人に対して、性に関する意識・実態調
 査を行っています。

 その最新版が先月発表されましたが、日本人にとっては驚く
 べき実態が明らかとなりました。

 「仕事や家事に忙しいから」という考え方は、間違っている
 のでしょうか?

 :セックスの年間平均回数
  1位−ギリシャ(164回)、2位−ブラジル(145回)
  日本は48回で世界最低。

 :セックスを大切だと思っているか?
  1位−ギリシャ(80%が大切と考えている)
  2位−ブラジル(79%)
  日本は39%で世界最低。

 :セックスの満足度
  1位−ナイジェリア(67%)
  2位−メキシコ(63%)
  日本は15%で世界最低。



 ■視点■ 
 大リーグでは、イチロー選手がオールスター戦で
 ランニングホームランを打ったりしてMVPに
 選ばれました。

 やっぱりすごいですね。120億円で契約も
 更新するようです。
 経済面でも、強い日本の復活が待ち望まれます。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:02| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。