2007年06月13日

タイ、タクシン前首相の資産を凍結

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 タイ、タクシン前首相の資産を凍結


 <解説>
 タイの資産調査特別委員会は、昨年9月にクーデターで失脚した
 タクシン前首相と夫人らの銀行口座など、すべての金融資産
 529億バーツ(約1960億円)を一時凍結した。

 また、同調査委はタクシン氏がバンコク新空港の爆弾検知器の
 導入や宝くじの販売等で5件の汚職を働き、一族の企業による
 携帯電話事業等で、首相の地位を利用して3700億円以上を
 不正蓄財したとしている。

 同調査委は、軍部が選んだ強硬な反タクシン派の委員で占めら
 れており、「タクシン追放」が着々と進んでいることが伺われ
 る。 
 


 ■今日のキーワード■  タクシン・チナワット(57)
 ⇒ 元警察官であり、副業として数々のビジネスに手を出して
 きたが、ことごとく失敗し、数億円の負債を抱えるが、その後、
 携帯電話サービスのビジネスが大ヒットし、タイを代表する
 コミュニケーション会社にまで成長させた。

 やがて、タイ国一の富豪となったタクシン氏は政界に進出。
 自らが率いたタイ愛国党が、2001年の総選挙で勝利を収め、
 政権の座に就いた。

 元企業家であり、CEO的な手法を政治にも取り込んで、その
 経済政策が評価される一方で、一族のビジネスと政治の不透明
 な関係が、常に指摘されていた。

昨年9月、国連総会出席のため、ニューヨークを外遊中に、軍
 が戦車や兵士を動員して、首相府など政府関係施設を制圧する
 クーデターが発生し、政権の座と国を追われた。


 <カテゴリー:アジア>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/asia.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)今回の総選挙で、大敗が濃厚なフランス社会党の党首
    オランド氏と、社会党の大統領候補として奮闘した
    ロワイヤル女史との関係は?
 (答)(事実婚の)夫婦

   *正式な婚姻関係にはありませんが、2人の間には
    4人の子どもがいます。
    
   
 :今日の問題(難易度5)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)では、現在のタイの首相は誰でしょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − 雨 −
 「1日の最大降雨量」

 1日に1870ミリもの雨が降った記録があります。インド洋
 のレユニオン島(フランス領)のシラオスという地方で記録
 されました。

 1日の雨量が、地面から1m87cmの降雨など、想像もつき
 ませんね。



 ■フロム・ザ・ワールド■   ナマズ御殿
 白身の魚で、かつ低価格であることから、ベトナム産のナマズ
 がヨーロッパで静かなブームを呼んでいます。

 同じメコン川流域で養殖されているにもかかわらず、カンボジ
 アやラオス、タイよりも、ベトナム産のナマズが美味という
 評判がたち、注文が殺到。

 メコンデルタに住む農民らは、先を競って土地を購入し、池を
 掘って、ナマズの養殖に走っています。 養殖に適した土地の
 価格はうなぎ上りで、現在では、約300坪が日本円で約15
 0万円と4倍にも跳ね上がった様ですが、それでも1年で回収
 できるとあり、ナマズ養殖を始める人が後を絶ちません。

 ユーロ高もあって、高く取引されるナマズに、今やモーター
 ボートや車を購入し始める養殖業者も現れ、メコンデルタでは
 各地で「ナマズ御殿」が建ち並んでいます。



 ■視点■ 
 今回の資産凍結の措置に反対し、タクシン氏は帰国することを
 決意したと伝えられています。 昨年9月以来、事実上の
 亡命状態にあった同氏の帰国は、クーデター後も表面的には
 平静であったタイ政局に大きな波乱をもたらすことになり
 そうです。

 さて、東京・拓殖大学の客員教授になることが決まり、先日、
 来日していたタクシン氏ですが、7月5日には、同大学で
 「アジア型ビジネス経済モデル」というテーマで講義する予定
 になっている様です(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:03| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44683047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。