2007年06月05日

ドイツ、反サミットデモで1000人が負傷

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 ドイツ、反サミットデモで1000人が負傷


 <解説>
 明日6日からドイツ・ハイリゲンダムで始まるサミット(先進国
 首脳会議)を前に、ドイツ北東部でサミットに反対する野党や
 市民ら約3万人のデモ隊と警官隊の間で衝突が起こり、双方合わ
 せて1000人以上が重軽傷を負った。

 デモ行進は、当初、平和裏に進んでいたが、暴動を起こすことを
 目的とした黒装束姿の「反グローバル化」を掲げる過激派が現れ、
 警官隊に対し火炎瓶を投げつける等して、激しくぶつかり合った。

 警察はサミットの警戒として、バルト海に面したサミット会場の
 周囲12kmを高さ2.5mの鉄条網で包囲したり、一般市民の
 郵便まで開封するなどを行い、市民からは不満の声があがってい
 た。

 サミットに反対するデモで多数の負傷者が出たのは、2001年
 のイタリア以来。 



 ■今日のキーワード■ 反グローバリセーション
 ⇒ グローバリゼーションとは、本来、交通や通信の発達に
 よって、世界がより緊密に結ばれながら発展していくことを
 表すが、一方で、負の側面である「世界規模による競争が搾取
 を助長している事実」を指す場合が見られる様になり、最近
 では、マイナス的な意味あいで使われることが多い。

 また、1国のやり方・考え方を、他のいろいろな国に押しつ
 けようとする態度を表す時にも使われる。


 <カテゴリー:世界全般>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/world.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)日本政府は昨年6月、「脱北者とその支援民間団体を
    保護・支援する努力をする」ことを盛り込んだ法律を
    制定しました。さて、その法律は何法と呼ばれている
    でしょうか?
 (答)北朝鮮人権法

   *当初の与党案には「脱北者への支援」はありませんでし
    たが、民主党の強い要求によって、修正追加されてい
    ます。今回の事件は、このケースに当てはまると考えら
    れますが、船の中から少量の覚せい剤が見つかるなど、
    事態は複雑化してきました。

    
   
 :今日の問題(難易度3)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)昨年のサミットの開催地は、どこでしょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − インド −
 <映画>

 インドでは年間約800本の映画が作られており、製作本数は
 世界一を誇ります。

 州によって言語の異なるインドでは、各言語圏毎に映画が制作
 され、それぞれスターを輩出しています。

 インドの人達は映画の最後に流れる、スタッフロールまで
 ゆっくり見ようとする人は多くありません。自分でこの映画は
 終了と思った時点で席を立ちます。映画館側も、最後までフィ
 ルムを流さず、途中で止めてしまうことが多く見られます。

 なぜなら、インド映画はストーリーの内容に重点を置くという
 よりは、言わば、冗長な歌とダンスの繰り返しによって、時間を
 つぶす娯楽としての要素が強いからです。

 

 ■フロム・ザ・ワールド■    エコな贈り物
 日本政府は、首相官邸を訪れた外国要人に対して、訪問の記念
 として、ペットボトルを再利用した風呂敷を贈ることを始めま
 した。

 これは、日本が積極的に環境問題に取り組んでいる姿勢と、
 高いリサイクル技術をアピールするのが狙いで、小池前環境相
 が発案したもので、4月に訪日した温家宝・中国首相にも贈呈
 されました。

 風呂敷の由来や使い方については、英語、仏語など主要な8つ
 の言語に翻訳された解説書が付けられ、デザインは江戸時代の
 画家が描いた日本的な四季の絵を採用し、要人が訪れた季節に
 合ったデザインのものが贈られることになっています。


 かなり以前は、私も、海外からのお客様に対して、風呂敷を
 差し上げていたことがありましたが、やはり実際は使わないと
 いう理由で、あまり評判が良くなかったのですが・・。



 ■視点■ 
 今回の暴動の逮捕者の中には、日本人男性(27)も含まれて
 いたと報道されています。

 さて、捕鯨問題と環境保護団体グリーンピースなど、特定の
 イベントを標的にして、自らの主張や活動を顕示する団体が
 存在しますが、サミットとグローバリズムの間に、どんな関係
 があるのか、私には理解できません。

 現在のグローバリゼーションは、一部の途上国のめざましい
 発展を作ったと言えますし、決してグローバリゼーションが
 ゼロサム・ゲームを助長しているとは思えません。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 10:09| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43918605

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。