2007年05月31日

李登輝前総統が来日、靖国参拝を要望

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 李登輝前総統が来日、靖国参拝を要望


 <解説>
 台湾の李登輝前総統(84)が、約2年半ぶりに来日した。

 李氏は、01年4月に心臓病の治療のため、総統退任後の
 初来日を果たし、その後、04年12月には、家族とともに
 観光で訪れており、今回が3度目。

 「奥の細道」ゆかりの地・東北地方を巡る観光が中心だが、
 初めての東京訪問や講演も予定されている。

 李氏の兄が1945年、旧日本軍人として、フィリピンで戦死
 し、靖国神社に祀られていることから、同氏は靖国神社を参拝
 したい意向を示している。
 


 ■今日のキーワード■ 李登輝・前台湾総統(84)
 ⇒ 1923年台北の生まれ。84年に副総統となり、蒋経国
 総統の死亡により、台湾人(国民党が南京から来る以前から、
 台湾に住んでいた人達という意味)で、初めての総統となった。

 台湾の改革・民主化を推進し、国民から絶大な人気を誇った。
 96年には、総統の国民直接選挙を実現させた。99年、中国
 と台湾の関係を「特殊な国と国の関係」と表現したことから、
 中国政府は李登輝を「独立推進派」と非難し、警戒をしている。

 訪日が計画される度に、日本政府は中国からの圧力を受け、
 李氏へのビザ発給に苦慮してきたが、2005年9月より、
 台湾からの観光客はビザが免除となったため、李氏はビザ無し
 で入国できる様になった。

 前回の訪日では、「政治的な活動」と受け取られかねない
 講演などは控えた李氏だが、今回はビザ無しで個人の権利と
 しての来日だけに、これまでとは違った行動をとる可能性が
 ある。


 <カテゴリー:中国・台湾>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/china.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)ミス・ユニバースの優勝者を多く輩出(世界2位)して
    いるプエルトリコとは、どこにあるでしょうか?
       ア・インド洋上、モルディブの近く
       イ・南太平洋上、フィジーの近く
       ウ・カリブ海上、ジャマイカの近く
 (答)カリブ海上、ジャマイカの近く

   *プエルトリコは独立した国家ではありません。
    カリブ海に浮かぶ島で、米領です。
    プエル・トリコと分けて、読んでしまいがちですが、
    実際には、Puerto Rico(プエルト・リコ)
    です。
 
   
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)李登輝氏は、台湾の高校を卒業後、日本の大学に進学し、
    そこで農業を学んでいます。その大学滞在時に、学徒
    動員によって徴兵され、日本兵として終戦を迎えました。
    さて、どの大学で学んでいたでしょうか?
        ア・京都大学
        イ・名古屋大学
        ウ・東京大学


 
 ■世界のトリビア■  − たばこ −
 <ゴールデンバット>

 現在販売されているタバコの中で、日本最古の銘柄「ゴール
 デンバット」は、発売から100年を超える超ロングセラー
 商品です。

 発売時は10本入りで4銭。現在は20本入りで140円と
 最も安価な銘柄でもあります。これは等級の低い葉を用いる
 ため、課税額が低いからなのです。

 この「ゴールデンバット」、実は、国内で発売される前年
 (1905年)に輸出用のたばことして、中国方面に売り出さ
 れていたものです。

 箱には2匹のコウモリが描かれていますが、中国では、
 コウモリは幸福を招く象徴とされているのです。

 

 ■フロム・ザ・ワールド■  海外旅行中のアルバイト
 昨年、日本国内で偽ブランドを路上販売し逮捕された外国人の
 約7割がイスラエル人であることが明らかになりました。

 イスラエルでは国民皆兵制度があるため、18歳で徴兵された
 男女が、それぞれ3年と2年の兵役を終えると、疲れを癒す
 ためか、長期の海外旅行へ出るのが流行しています。

 そして、イスラエルの若者向けに路上販売を勧誘するヘブライ
 語のホームページも、また数多くの若者に閲覧されている様
 です。 そこには、米国、カナダ、オーストラリア、日本など
 への勧誘が掲載されており、「住宅、携帯電話、車を提供しま
 す」とまで書かれた募集もあるとか。

 彼らは、観光ビザで日本に入り、偽ブランド販売の元締に
 対して、時計が売れれば値段の8割、アクセサリーが売れれば
 値段の6割を納めることで、日本各地の路上で販売していると
 言います。



 ■視点■ 
 李登輝前総統の来日が計画される度に、日本政府はビザを
 発給するかどうかの対応に苦慮していましたが、奇しくも、
 一昨年より、台湾からの観光目的での訪日にはビザが不要に
 なったことで、この問題には決着が付いたかに見えました。

 個人としての権利で、堂々と来日した李氏は高齢でもあること
 から、自分の考えを日本国民に伝えることや靖国神社への
 参拝など、自らの思いを遂げたいという気持ちは強いと思わ
 れます。中国がこの問題を声高に取り上げて、反発しないこと
 を望みます。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:59| ワシントンDC ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国・台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
また遊びにきますね。
Posted by べんべら at 2007年06月01日 23:49
李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2007年06月07日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。