2007年05月30日

ミス・ユニバース、48年ぶりに日本人が優勝

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 ミス・ユニバース、48年ぶりに日本人が優勝


 <解説>
 2007年ミス・ユニバース世界大会がメキシコ市で開かれ、
 日本代表の森理世(りよ)さん(20)が優勝した。

 日本人の優勝は1959年の児島明子さん以来、48年ぶり。

 今年の大会には、世界各国から77人の代表が参加。第56
 代のミス・ユニバースに輝いた森さんには、ダイヤモンドと
 真珠で飾られた3000万円相当の王冠が贈られた。

 準ミスにはブラジル代表、3位にはベネズエラ代表が、それ
 ぞれ選ばれた。

 授賞式のテレビ中継の視聴者は、全世界で約6億人にのぼる。
 


 ■今日のキーワード■ ミス・ユニバース
 ⇒ 1952年にアメリカで初めて行われ、今年で56回を
 迎える、世界各国からの女性の美の祭典。

 応募資格は18〜27歳で、世界約80ヶ国の代表が集まり、
 毎年1回、世界各地の都市で開催される。(今年はメキシコ)
 類似のコンテストに「ミス・インターナショナル」があるが、
 こちらは日本で永久に開かれるため、その関係で「ミス・ユニ
 バース」が、日本で開催されることはない。

 本大会(最終審査)は1日だけだが、代表は数週間前から現地
 入りし、パーティーへの出席の様子なども審査の対象となって、
 最終的には数十人に絞りこまれる。

 優勝者は1年間、ミス・ユニバースとして活動し、ニューヨ
 ークのアパートと生活費が支給されることになっている。

 過去56回の大会で、もっとも優勝者を多く出しているのは
 アメリカで7名。次いで2位がプエルトリコの5名、3位は
 ベネズエラ4名、4位はスウェーデン3名と続く。

 昨年の大会では、知花くららさん(沖縄出身)が2位に輝いた
 ことで話題となった。
 

 <カテゴリー:世界全般>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/world.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度3)

 (問)3大国際映画祭とは、カンヌ(フランス)映画祭、ヴェ
    ネチア映画祭(イタリア)と、あと1つは何でしょうか?
 (答)ベルリン映画祭

   *ベルリン映画祭は毎年2月に行われますが、今年は
    中国の作品が受賞しています。ヴェネチア映画祭が
    開かれるのは、毎年9月頃。

    さて、映画祭と言えば、アカデミー賞が連想されますが、
    米アカデミー賞は、ハリウッド関係者がハリウッド作品
    の中から、優秀作品を自ら選ぶものであり、一般に国際
    映画祭には含まれないと言えます。

    
   
 :今日の問題(難易度2)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)ミス・ユニバースの優勝者を多く輩出(世界2位)して
    いるプエルトリコとは、どこにあるでしょうか?
       ア・インド洋上、モルディブの近く
       イ・南太平洋上、フィジーの近く
       ウ・カリブ海上、ジャマイカの近く


 
 ■世界のトリビア■  − たばこ −
 ほとんどの国で、たばこは課税対象となっています。税率が
 もっとも高い国は、デンマークで85%。 

 他の国を見てみると、
 イギリス−77%、ドイツ−70%、カナダ−64%、
 日本−60%、韓国−60%、アメリカ−30%。
 
 

 ■フロム・ザ・ワールド■  インドの娯楽税
 今週末、インド最大の都市ムンバイで開かれることになって
 いたロックグループ、エアロスミスの公演が、急きょ、地方
 都市であるバンガロールで行われることになりました。

 ムンバイが属するマハラシュトラ州では、昨年まで、コンサ
 ートや映画の入場料に対して、60%という世界でもっとも
 高額な「娯楽税」がかけられていました。

 そのため、3月に行われた、ある有名な海外アーティストの
 コンサートは、立見席でも日本円換算で1万円以上となり、
 地元の給与・物価水準から、あまりにかけ離れていることから、
 聴衆が全く集まらず、これに不満を持ったアーティストが
 30分で公演を切り上げるという事態が発生しています。

 こんな状況から、アーティストのコンサートが相次いで、
 チェンナイやバンガロールといった「娯楽税」が、無税か
 または低い地方都市で開かれることが目立つ様になりました。

 インドでは、「娯楽税」が州によって、無税であったり、
 15〜20%程度だったりと、さまざまです。



 ■視点■ 
 昨日のカンヌに続いて、またまた日本人女性の快挙。嬉しい
 ニュースの連続に、我々も元気づけられますね。

 さまざまな世界的イベントで、自国が上位に入賞するのを
 見るのは、つくづく日本に生まれて良かったと実感する時でも
 あります。我々の美徳である「勤勉・努力」を忘れずにいき
 ましょう(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 07:59| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43320632

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。