2007年05月23日

両陛下の欧州訪問

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 両陛下の欧州訪問


 <解説>
 天皇、皇后両陛下は、欧州5ヶ国訪問の最初の訪問地である
 スウェーデンに到着された。

 この後、旧ソ連圏では初めてとなるバルト3国、次いで英国を
 訪問される予定。

 天皇陛下は、魚類、特にハゼ類の分類学者として、数多くの
 論文を発表しておられ、動植物の学名を属と種で分類して表記
 する二名法を作り「分類学の父」と呼ばれる生物学者リンネの
 生誕300年記念行事への出席が目的。

 今回の訪問は、学術的な意味合いが強いため、通常は首相や
 外相経験者が努める主席随員に、ノーベル賞受賞者の野依良治
 氏が選ばれた。

 

 ■今日のキーワード■ 今上天皇の海外訪問
 ⇒ 現在の天皇は即位した後、今回の欧州訪問を含めて、合計
 14回の海外訪問を行っている。

 その訪問先の内訳は、アジア−3回、北米−1回、南米−1回
 欧州−7回となっており、皇室間の結びつきの強い欧州諸国へ
 多く訪問されていることがわかる。(あと1度はサイパン島)

 中東、アフリカ、オセアニアへの訪問は、まだ実現していない。

 その他、まだ訪問されていない主な国として、韓国、ロシア等
 があげられる。


 <カテゴリー:世界全般>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/world.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度2)

 (問)固定相場制の1種で、為替市場に介入することによって、
    自国の通貨を特定の通貨(米ドルの場合が多い)に対して
    一定の変動幅内に維持する仕組みを、何と呼んでいるで
    しょうか?
 (答)(ドル)ペッグ制

   *キャンプのテントを張る時に使われる「くい」「くさび」
    のことをペグと呼びますね。

    
   
 :今日の問題(難易度4)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)バルト3国の1つ、リトアニアで、第2次世界大戦中、
    外務省の指示に背いて、渡航ビザを発給し、約6千人の
    ユダヤ人の命を救ったとされる、日本人外交官とは
    誰でしょうか?


 
 ■世界のトリビア■  − 世界5大ミュージアム −
 「メトロポリタン美術館」

 1866年、パリで7月4日のアメリカ独立記念日を祝うため
 に集まったアメリカ人たちの会合の席で提案されました。

 1870年に開館し、「評議員会」により運営されている私設
 の美術館でもあります。

 参加者の1人、ジョン・ジェイは、アメリカに国際的規模の
 美術館が存在しないことを憂い、メトロポリタン美術館の設立
 構想を訴えましたが、結局は収蔵品ゼロからのスタートでした。

 しかし、現在では330万点を所蔵する世界を代表する美術館の
 1つとなり、年間の運営費は約272億円もかかっています。 



 ■フロム・ザ・ワールド■   被服費の割合
 昨日の食費に続いて、今日は被服費のお話を。

 支出に占める「被服費」の割合が、最も高かったのは香港。
 15%以上をファッションにかけています。一般的に言って、
 土地(家屋)が狭い上に、自然も少なく、娯楽が限られること
 から、「家族や友人らとのショッピングや食事」にお金を使う
 傾向がある様です。

 次いで多いのは、やはりイタリアで約10%。ファッションに
 関連する文化が違いますね。

 一方、日本やアメリカは約5〜6%で、世界平均と言えます。

 意外だったのが、フランス。高級ブランドのイメージがありま
 すが、ファッションにかける割合は5%を切っています。



 ■視点■ 
 日本は「大統領制」を採っていませんので、皇室が海外を
 訪問されることは、国家外交の1つとして、大きな意味合いを
 持つことになります。

 天皇陛下が73歳、皇后陛下が72歳というご高齢にも関わ
 らず、ほぼ1年に1度のペースで海外を訪問されていること
 には、頭が下がります。(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:01| ワシントンDC ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42628570

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。