2007年04月18日

米銃乱射事件、容疑者は韓国人学生

 >これだけは知っておきたい今日の国際・海外ニュース

 ▼今日のポイント▼
 米銃乱射事件、容疑者は韓国人学生


 <解説>
 米バージニア工科大学で起きた銃乱射事件で、捜査当局は
学生ら32人が犠牲になった銃撃は、韓国人学生チョ・
 スンフィ容疑者(23)による犯行と発表した。

 チョ容疑者は英文学を専攻する同大学の学生で、学内の寮に
 住んでいた。8歳の時に家族と共に渡米し、その後は米国に
 住み、永住権を持っていた。

 犯行の動機は不明だが、男女交際のトラブルによるものとの
 見方があり、警察は捜査を続けている。

 追悼式典にはブッシュ大統領が出席し、哀悼の意を表した。


 
 ■今日のキーワード■ バージニア工科大銃乱射事件の詳報
 ⇒ 16日午前7時15分ごろ、何者かが同大学のキャンパス
 内にある学生寮(寮生895人)で銃を発砲、女子学生を含む
 男女2人が死亡した。

 その約2時間半後、男は学生寮から約800メートル離れた
 講義棟に侵入し、内側から鎖で施錠した。

 男は、誰かを探している様子で各教室をのぞいてまわった後、
 ドイツ語のクラスの中の様子を2回うかがい、2丁の拳銃を
 取り出して、教室に侵入。

 まず教授を射殺し、その後、次々に学生を撃ち始めた。乱射中、
 男は静かに引き金を引いていたという。

 男は自殺したと見られ、教室内で犠牲者の中に倒れていた。

 バージニア工科大学では、韓国人留学生が約460人、中国人
 留学生が400−500人、日本人留学生が21人と、合わ
 せて1000人近いアジア系留学生が学んでいる。


 <カテゴリー:米国>  他の重要キーワードはこちら
 http://ken-herbie.com/america.html



 ■クイズ −世界情勢キホンのキホン−■ 
 :昨日の問題(難易度4)

 (問)「人を殺すのは、人であって銃ではない」という
    スローガンを掲げて、銃の規制に反対する、この団体
    とは?
 (答)全米ライフル協会

   *会員は全国で400万人を超え、選挙での影響も多い
    ことから、銃の規制を声高に訴える政治家が少ない
    のが現状です。 この協会には、ブッシュ(父)元
    大統領など、多くの歴代大統領が会員となっています。

    
   
 :今日の問題(難易度5)←正解は明日のメルマガorサイトにて

 (問)アメリカ国内で個人が所有する銃は、どの位あるので
    しょうか?
       ア・約9万丁
       イ・約900万丁
       ウ・約1億9千万丁 


 
 ■世界のトリビア■  − 世界の休日・祝日編 −
 東欧ポーランドでも、5月3日が憲法記念日の祝日となって
 いる。

 また、日本では5月5日が「こどもの日」だが、1949年に
 制定された国際児童デーに合わせて、6月1日を「こどもの
 日」としている国が多い。(中国、北朝鮮、ロシアなど)


 
 ■フロム・ザ・ワールド■   お金の使い道の価値感
 約20年にわたって、米連邦準備制度理事会(FRB)の
 議長を務め、昨年1月に引退したグリーンスパン前議長と
 一緒に食事ができる権利が、インターネットの慈善オークション
 に出品され、4万5千ドル(約540万円)で落札されました。

 落札者は明らかにされていませんが、グリーンスパン議長と
 同氏の夫人とともにワシントン市内で食事などを楽しむことが
 できます。

 1回の講演料が10万ドル(約1200万円)を下らないと
 言われる同氏は、依然として、大きな影響力を持っており、
 その発言に金融市場は敏感に反応しています。 

 その金融・経済界のカリスマを独り占めできるとあって、
 オークションの結果が注目されていました。

 4万5千ドルが高いかどうか?については、まさに、価値観
 次第と言えそうですね。



 ■視点■ 
 長崎市長が選挙運動中に銃撃され、死亡する等、昨日は
 はからずも銃による犠牲のニュースが、日米を騒がせました。

 米国で一気に銃規制の議論が再燃するとは思い難いですが、
 時代の推移とともに、米政府も「銃」に対する考え方を
 柔軟に変えていってもいいのではないでしょうか(ケン)



 ★☆毎日読むだけで、あなたも自然に世界情勢通に!★☆
 <ケン・ハービー事務所のメールマガジン>
 「毎朝1分。今朝の新聞 国際・海外面のポイントを
  わかりやすく解説します」

 PC版メルマガと手早く読める携帯ダイジェスト版
 の2つを毎日配信しています。登録はこちらから↓↓
 PC版>> http://ken-herbie.com
 携帯版>>『ミニまぐ』 http://mini.mag2.com/
 ニュース>国際情勢 から登録して下さい


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【編集・発行】 ケン・ハービー事務所 
 【お問い合わせ】info@ken-herbie.com
 【提携サイト】 http://sekainews.ojaru.jp/



 <ケン・ハービー事務所の運営サイト>
 ★☆国際情勢のよくわかる解説から、海外の常識クイズ
 世界中から集めたトリビア・雑学まで!
 「世界情勢/海外ニュースの読み方」
 ⇒ http://ken-herbie.com



posted by Office Ken-Herbie at 08:02| ワシントンDC ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。